DISH//『キングオブコント』1回戦披露ネタはかもめんたるを参考にしていた

写真拡大

プロ、アマ、芸歴問わず、全国の挑戦者たちが熱いバトルを繰り広げて“コント芸の日本一”を決定する『キングオブコント2017』。29日、ダンスロックバンド・DISH//(ディッシュ)の矢部昌暉、泉大智らが都内で行われた第1回戦でコントを披露。ほかのメンバーも応援にかけつけた。

北村匠海、矢部、小林龍二、橘柊生、泉の5人からなるDISH//。コンサートでは曲だけでなく寸劇を披露したり、俳優としてドラマや映画に出演したりと、バンド以外にも多彩な活動を展開している。

矢部(ボケ)と泉(ツッコミ)を中心に、病院をテーマにしたコントを披露した彼ら。『キングオブコント2013』覇者である、かもめんたるの世界観を参考にし、ネタ作りをしたという泉は「テンポよくできました!」とご満悦。矢部も「今までで一番良い出来」とニッコリ。ナースコスプレで出演し、二人をサポートした北村は「やるからには全力を出しました」と満面の笑みを。小林も「いつも練習を見てきたけど、今日が一番面白かった。本番に強いな!」と、橘も「自信満々でやっていたのが良かった。大智の書くネタの世界観も個人的に好きです」と、それぞれ仲間の活躍を健闘した。

来年の参戦について意欲を問われると、矢部は「来年も出ます!」と堂々と宣言。泉も「まだまだネタはある」と自信を覗かせた。小林に「そっちの二人だけでやってよ」と冷たくあしらわれると、矢部は「仲間だろ〜!!」と強引に詰め寄り、観客を笑わせていた。

最後に、北村は「音楽活動しているDISH//が、テレビで見ていた『キングオブコント』のステージに出ることができて楽しかったし有意義な時間でした」と、晴れ晴れとした表情であいさつ。合否は29日20時ごろ、番組公式サイトにて発表。通過者のみ、名前が掲載されるという。