※こぶしファクトリーオフィシャルブログより

写真拡大

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「こぶしファクトリー」のメンバーたちが、日本武道館でのライブ後、自分たちの主演映画をメンバーみんなで観に行ったことをブログで報告している。

7月28日に日本武道館で開催されたライブイベント『スカパー!サマーフェス2017 アイドルだらけの夏祭り』に出演したこぶしファクトリー。同イベントは、こぶしファクトリーのほか、「アンジュルム」「チームしゃちほこ」「フェアリーズ」「AKB48Team8」「NGT48」「ふわふわ」の合計7組のアイドルが出演。平日金曜日の12時開演というかなり珍しいアイドルフェスだった。

こぶしファクトリーは、現在休養中の小川麗奈を除く6人で同イベントに出演。メンバーの田口夏実のブログによると、

「スカパー夏のサマーフェスにださせていただき、その後6人で映画JKニンジャガールズの映画を見に行き、プリクラをとって、焼肉を食べに行ったんですよ」

と、日本武道館でのステージを終えると、こぶしファクトリー主演の映画『JKニンジャガールズ』をメンバー6人で観に行ったというのだ。また、メンバーの和田桜子のブログには、

「関係者として呼んで頂く試写会とかじゃなく
プライベートでみんなで見に行く
っていう願いが叶って本当に良かった」

との記述があり、わざわざお金を払って自分たちの主演映画を観たとのことだ。

『JKニンジャガールズ』は、東京の女子高生忍者と、大阪のおやじ忍者の戦いを描いたコメディ映画。こぶしファクトリーのメンバーたちが、東京の女子高生忍者と、おやじ忍者に憑依される女子高生を演じる。今年2月には舞台版『JKニンジャガールズ』も上演された。

ちなみに、こぶしファクトリーと同じく『スカパー!サマーフェス2017 アイドルだらけの夏祭り』に出演したアンジュルムのメンバーたちは、日本武道館ステージが終わった後、全員で東京ディズニーシーに行ったとブログで報告している。