『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』

写真拡大

全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。7月17日(月)の週のケーブル(有料放送)の順位は以下の通り。

1.『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO PRIME)
2.『ディセンダント2』(DISNEY CHANNEL)
3.『サメvs人間 速いのはどっちだ!』(DISCOVERY CHANNEL)
4.『RACHEL MADDOW SHOW』(MSNBC)
5.『RACHEL MADDOW SHOW』(MSNBC)
6.『RACHEL MADDOW SHOW』(MSNBC)
7.『BREAK』(HBO PRIME)
8.『WWE ENTERTAINMENT (WWE RAW)』(USA NETWORK)
9.『WWE ENTERTAINMENT (WWE RAW)』(USA NETWORK)
10.『LAST WORD W/ L. ODONNELL』(MSNBC)

全世界待望の最新シーズン、第七章が今月スタートした『ゲーム・オブ・スローンズ』は、視聴者数1000万人を超えた(1011万人)第1話に続いて、23日に放送された第2話も927万人という高い数字をマークして首位の座に。第1回は録画視聴とストリーミング視聴、再放送を合計すると、なんと1610万人というHBO史上最高の数字を記録しただけに、第2回もこの後さらに数字を伸ばしそうだ。

続いて2位には、ディズニーの人気キャラクターの子どもたち世代を描く人気作の第2弾、『ディセンダント2』が入った。ニールセンが今回集計したのはディズニー・チャンネルでの数字(533万人)のみだが、同作はディズニー社傘下の6つの放送局(ディズニー・チャンネル、ABC、ディズニーXD、Freeform、Lifetime、Lifetime Movies)で同時放送されたため、合計では1300万人を数えている。

そして3位にランクインしたのは、五輪史上最も多くの金メダル(23個)を獲得したマイケル・フェルプスがサメとの競争に挑む特別番組『サメvs人間 速いのはどっちだ!』。日本でも前編が7月29日(土)17:00よりBSスカパー!、ディスカバリーチャンネル、アニマルプラネットの3チャンネルで緊急無料同時放送となる。(海外ドラマNAVI)