鬼才ビエルサ、なんと『新人儀式』で歌う!選手の反応はどうだった

写真拡大

今季からリーグアンのリールを率いることになったマルセロ・ビエルサ監督。62歳になった鬼才は、『新人』恒例のあの儀式に臨んだようだ。

新加入の選手たちが通過しなければいけない歌披露の儀式だ。これになんとビエルサも参加したのだ!

黙って聞いていた選手たちは、ビエルサが歌い終わると大喝采!『El Pais』によれば、歌ったのはアルゼンチンのタンゴ歌手オメロ・エクスポシトが1946年に発表した曲だそう。

昨季は11位に低迷したリール。来週のリーグアン開幕戦ではナントと対戦する。