ヴェンゲル監督、アーセナルMFをDFにコンバート?

写真拡大

来週にチェルシーとのFAコミュニティ・シールドが控えているアーセナル。

だが、シュコドラン・ムスタフィとガブリエウ・パウリスタのCB2人が負傷しているDF陣は気がかりだ。そういったこともあり、プレシーズンマッチでは本来MFであるエジプト人ムハンマド・アル・ナーニーが3バックの一角として起用された。

そんななか、アーセン・ヴェンゲル監督はシーズンでもアル・ナーニーをCBとして使う可能性があることを示唆したようだ。

アーセン・ヴェンゲル(アーセナル監督)

「アル・ナーニーは素晴らしいメンタルと姿勢を持った選手だ。そして、彼の主な目的なチームを助けることにある。

彼がそこ(DFライン)でプレーする時、当然ながら非常にうまくやっている。

(DFについて学ぶ必要があるのは)もちろんだが、いいセンターハーフはいいセンターバックになれると私は常に感じている。

4バックでプレーする際にはチャレンジ(タックルなど)において決定的でなければならない。だが、3バックならば少しはフレキシブルだ。彼はやれるよ。

ツアー全体で、アル・ナーニーのような選手を3バックで起用したが彼は非常にうまく対処した。

(19歳の)エインズリー・メイトランド=ナイルズも時にCBとしてプレーした、チェルシーとのビッグゲームでさえね」

4バックならばCBに掛かる負担は大きいが、3バックなら起用できるという考えのようだ。