ちょっとのコツでプロの味になる、「レモンサワー」の究極レシピを伝授! 今回、お酒はバー風にウォッカを使用してみましたが、焼酎でももちろんOK!!

おいしいレモンサワーをつくる秘訣は、まず自分好みの「酸味と甘みのバランス」を知ること。

「勘違いされがちですが、ただすっぱくすればいいというわけではありません。甘みも加えて、すっぱさと甘さのボリュームをバランスよく整えてあげることが何よりも大切です」とBAR B&F店長の松沢 健さん。

そして、氷は製氷機ではなく市販のものがベターとのこと。「サイズが大きめだと、なお良し。溶けにくく、隙間なく氷を入れることで、液体との接地面が増えるので、より冷えやすくなります」

ウォッカは冷凍庫で冷やしてキンキンに。

ウォッカ:45ml、レモン:1/4カット、シュガーシロップ:5ml、炭酸水:100〜120ml(お好みで)、氷、グラス。「ウォッカはあらかじめ冷凍庫でしっかりと冷やしておくこと」

レモンの芯の部分は必ず切り落とす。

レモンはくし型にして使用。その際、芯の白い部分は切り落とし、種がある場合は取り除く。「芯を残したままだと果汁がうまく搾れないので、必ずカットしてください」

エグみが出るので搾りすぎはNG!

レモンを横にして両手で持ち、親指と人さし指で果肉を潰すように一気にギュッと搾る。「エグみの原因になる搾りすぎには注意。果肉のおいしい部分だけを搾るイメージで」

搾ったレモンを入れて、その上から氷をIN!

搾ったレモンをそのまま入れてから、グラスの八分目まで隙間をつくらないように氷を入れる。「氷を後から入れると、レモンが浮かんでくるのを防げて、より飲みやすくなります」

ここで酸味と甘みのバランスをチェック。

シュガーシロップとウォッカを注ぎ、マドラーを使って軽く混ぜる。「この段階で一度、酸味と甘みのバランスをチェック。足りないようであれば、レモン果汁かシロップを足す」

氷に当てないよう、静かに炭酸を注ぐ。

よく冷やした炭酸水を静かに注ぐ。「せっかくの炭酸が飛んでしまうので、なるべく炭酸水を氷に当てないようにして、ゆっくりと少しずつ注ぐのがポイントです」

グラスの底からやさしく半回転。

マドラーでグラスの底からレモンを少し持ち上げ、半回転させる要領でやさしく混ぜる。「炭酸のシュワシュワ感をキープするため、ここでも激しくかき混ぜるのは厳禁」

FINISH!クリアな味わいの本格レモンサワーが完成! 「焼酎でつくる場合も分量は同じ。ただ、焼酎はやや甘みがあるので、砂糖なしでつくって最後に味の調整をするといいでしょう」BAR B&F 松沢 健さん 今年4月より同店の店長に。フルーツブランデーの若きスペシャリストとして注目を集めるバーテンダー。東京都新宿区西新宿1‐13‐7‐2F TEL:03・5989・0231

※『anan』2017年8月2日号より。写真・山田 薫 取材、文・井上泰佑

(by anan編集部)