ウォズニアッキ、ガルシアらが準決勝進出 [エリクソン・オープン]

写真拡大

「エリクソン・オープン」(WTAインターナショナル/スウェーデン・バスタッド/7月24〜30日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のシングルス準々決勝が行われ、第1シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、第3シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)、第7シードのカテリーナ・シニアコバ(チェコ)、エリーゼ・メルテンス(ベルギー)の4人が準決勝に進んだ。

 ウォズニアッキが予選勝者のカテリーナ・コズロワ(ウクライナ)を6-3 6-1で、ガルシアが予選勝者のバーボラ・クレチコバ(チェコ)を6-2 4-6 7-5で、シニアコバが第2シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)を6-3 5-7 7-5で、メルテンスはアレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)を6-4 2-6 6-4で破っての勝ち上がり。

 準決勝では、ウォズニアッキがメルテンスと、ガルシアはシニアコバと対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「エリクソン・オープン」(エリクソン・オープン)で準決勝に進出した第1シードのカロライン・ウォズニアッキ(全仏オープンでのもの)
Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 06: Caroline Wozniacki of Denmark plays a forehand during the ladies singles Quarter Finals match against Jelena Ostapenko of Latvia on day ten of the 2017 French Open at Roland Garros on June 6, 2017 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)