Photo by cinemacafe.net

写真拡大

ジム・ジャームッシュ監督がトム・ヒドルストンを主演に迎えた前作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』から4年。昨年のカンヌ国際映画祭を湧かせた、アダム・ドライバー主演の最新作『パターソン』が8月26日(土)より公開される。このほど、ジャームッシュをはじめ、名だたる監督たちを魅了してやまないアダムの場面写真が一挙に到着した。
ニュージャージー州パターソンに住む、バスの運転手パターソン。彼の1日は、朝、隣に眠る妻ローラにキスをしてから始まる。いつものように仕事に出かけ、乗務をこなす中で、心に浮かんだ詩を秘密のノートに書きとめていく。仕事の後は妻と夕食をとり、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅し、また妻の隣で眠りにつくーー。本作は、そんな代わり映えのしないパターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いとともに描きだす7日間の物語。

主人公のパターソンを演じるアダムといえば、J・J・エイブラムス監督『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(’15)でカイロ・レンを演じ、世界的にその名を知られるようになった。1983年、カリフォルニア生まれの34歳。名門ジュリアード音楽院を卒業後、TVシリーズや舞台で活躍していたが、2012年からのドラマ「GIRLS/ガールズ」で注目を集めはじめ、エミー賞にもノミネート。

合わせて、メジャーからインディペンデントまで有名監督の話題作に相次いで出演する。スティーヴン・スピルバーグ監督『リンカーン』の端役から、ノア・バームバック監督『フランシス・ハ』『ヤング・アダルト・ニューヨーク』、コーエン兄弟監督『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』のほか、マーティン・スコセッシ監督『沈黙−サイレンス−』では、主人公ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とともに日本を訪れる宣教師を演じていたことも記憶に新しい。

今年12月には、ライアン・ジョンソン監督『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で再びカイロ・レンを演じることでも話題。さらに、スティーヴン・ソダーバーグ監督『Logan Lucky』(原題/’17)、テリー・ギリアム監督『The Man Who Killed Don Quixote』(原題/’18)が控えている。

いまやハリウッドの名監督たちが、最も熱い視線を送る俳優の1人となったアダム。そして今回、ジャームッシュ監督独特のオフビートな作風がカンヌで絶賛を受けた本作から解禁となるのは、バスの運転手で詩人でもある主人公パターソンを演じるアダムの初公開写真。

朝起きて、仕事に向かい、夜は愛犬マーヴィンと散歩がてら、行きつけのバーでビールを1杯。自宅には詩の本が並び、大好きな詩を綴り、時には詩を愛する少女と話をする。愛しい妻と一緒に映画鑑賞をし、妻が好きな詩の1編を読むことも…。アダムは寡黙ながらも温かく、存在感あふれる演技で、第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞、トロント映画批評家協会賞で主演男優賞を受賞している。

『パターソン』は8月26日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
【予告編】永瀬正敏も出演!アダム・ドライバー×ジム・ジャームッシュ『パターソン』
『スター・ウォーズ』だけじゃない! アダム・ドライバー、巨匠から愛される魅力
“カイロ・レン”から“宣教師”へ…23kg減量し覚醒するアダム・ドライバー『沈黙』
【シネマモード】ジム・ジャームッシュからの贈り物は“あたりまえを繰り返せる幸せ”
【D23】新キャラも登場!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』初出し映像公開にファン熱狂