Photo by cinemacafe.net

写真拡大

世界累計発行部数3,000万部突破を誇る、石田スイの超人気コミックを実写化した『東京喰種 トーキョーグール』の初日舞台挨拶が7月29日(土)、都内で行われた。
舞台挨拶には主演の窪田正孝(金木研/カネキ役)、鈴木伸之(亜門鋼太朗役)、桜田ひより(笛口雛実役)、大泉洋(真戸呉緒役)、村井國夫(芳村功善役)、小笠原海(永近英良役)、白石隼也(西尾錦役)、萩原健太郎監督が登壇し、喰種チームVS人間チームに分かれて、映画にまつわるクイズ大会に挑戦した。

大泉さんは「これからクイズやるの?」と不満そうな表情。ベテラン俳優の村井さんも「クイズより(映画を見終わった)皆さんの意見を聞きたいよね」と後向きだったが、2人ともいざ出題が始まると、若手に負けじと真剣な面持ち。人間チームが勝利すると、大泉さんは「クイズ、楽しいね。最高だよ。あと5〜6問やりたい」と前言撤回ですっかり上機嫌だった。

人の姿をしながら人を喰らう怪人・喰種(グール)が巣食う東京を舞台に、地上で唯一の存在である半喰種の主人公カネキが、苦悩と葛藤を抱えながら「喰種VS人間」の壮絶バトルに身を投じる。先日行われたジャパンプレミアに続き、この日は窪田さんをのぞく各キャストをモデルにした、石田氏によるイラスト画が贈呈された。

主演を務めた窪田さんは「汗水たらして、ワンテイクワンテイク地道な作業を続けた。ダークな人間の裏側が、形を変えてむき出しになった作品。エンターテインメントとして楽しんでもらいながら、メッセージを受け取っていただき、皆さんの手で発信していただければ」とアピール。萩原監督は「いろんなことがあった」と公開までの道のりをふりかえり、初日の喜びをかみしめていた。

『東京喰種 トーキョーグール』は全国にて公開中。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
東京喰種 トーキョーグール 2017年7月29日より全国にて公開
(C) 2017「東京喰種」製作委員会

■関連記事:
【インタビュー】鈴木伸之 「悪役やクズの役が多い」…様々な役を経て芝居の面白さを追及
窪田正孝、『東京喰種』役作りは「自分を消す作業」
超特急・小笠原海「僕たちからのメッセージを受け取って!」『東京喰種』をアピール
蒼井優、“喰種”の本性現す!『東京喰種』衝撃画像公開
大泉洋、『東京喰種』真戸呉緒役ネットの絶賛に不服「ピッタリではない!」