自身をモデルとした真戸呉緒のイラスト画に感激する大泉洋

写真拡大 (全2枚)

 映画『東京喰種 トーキョーグール』の公開初日舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の窪田正孝、鈴木伸之、桜田ひより、大泉洋、村井國夫、小笠原海、白石隼也、萩原健太郎監督が出席した。

 本作の舞台は、人を食らう怪人・喰種(グール)が潜む東京。内気で平凡な大学生のカネキ(窪田)は、ある事件がきっかけで半喰種となり、人間と喰種の衝突に巻き込まれていく。

 前回のジャパンプレミアで、原作者の石田スイ氏から演者の自身をモデルとしたカネキのイラスト画をプレゼントされていた窪田は「家に大事に飾らせていただいております」と笑顔で報告。そして初日を迎えたこの日、窪田以外の登壇キャスト全員分のイラスト画も用意されていることが判明した。

 まさかのサプライズに、前回「僕も格好いいのがほしい!」と“おねだり宣言”をしていた大泉は「出てよかったな。この映画」とにんまり。関係者から自身の演じた真戸呉緒のイラスト画を手渡されるなり「なにこれ!」と目を見開くと「カッチョエー! 石田先生、すげえ。今死んだら確実に葬式、これ飾りますよ。ちょーうれしい!」と全身で喜びを表現した。

 それでも、鈴木に手渡されたイラスト画をのぞき込むなり「ウォー、格好いい」と絶句した大泉。「あれ…?こうやって見ていると、だんだん俺のが見劣りしてきたな…」とぼやいて、会場の笑いを誘った。

 この日も、マシンガントークでイベントを席巻した大泉。朝7時45分開始の初回上映を鑑賞した観客に「7時45分と言いますと、私がちょうどお風呂に入っていた時間…。皆さんが『東京喰種』を見始めた時、僕はすっぽんぽんでした」と切り出すと「こんなことじゃいけない。私も皆さんと一緒に7時45分からこの映画を見るべきだった。7時45分から…」と連呼する大泉に、窪田は「推しすぎです」と激しく突っ込んだ。

 会場では、劇中のシーンに絡めたクイズの出題も。全く正解が思い浮かばない様子の大泉は「僕は、自分のシーンしか見ていないから分からない。自分のシーンしか興味がないもん。(それ以外は)早送りしているから」と真顔でジョークを飛ばした。