デーブ・スペクター

写真拡大

28日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、デーブ・スペクターのツイートに、名誉毀損などの可能性もあることを、弁護士の島田さくら氏が指摘した。

番組では、デーブが自身のTwitterで有名人の「固有名詞」を連発している件が違法なのかを討論した。

例えば、デーブのツイート「24時間テレビのマラソンランナーが決定。船越英一郎の後ろを松居一代が走り、完走が5時間に早まる見込み」に関して島田氏は、船越や松居への名誉毀損はないと指摘。一方で、番組側にクレームが入り、業務妨害に発展する危険性を伝えた。

また「トランプ大統領に英語が出来ないと指摘された昭恵夫人があわててECCに通い始めた」とのツイートに、島田氏は「これはちょっとリアリティがあるので名誉毀損の話に...ならないように気をつけてください」とデーブに注意を促す。島田氏の解説に、デーブは「元祖フェイクニュース」と自虐的な発言し、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連記事】
「バラいろダンディ」がRIZAPをめぐる誤報を謝罪「事実と異なるものでした」
デーブ・スペクターが五輪に持論…国旗と国歌は不要「開会式もいらない」
デーブ・スペクターがSMAPの解散に指摘「メンバーは被害者」