北朝鮮国内の非公表の場所で発射された北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」。朝鮮中央通信(KCNA)配信(2017年7月28日撮影、同月29日配信)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)レックス・ティラーソン(Rex Tillerson)米国務長官は29日、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を受けて、増大する北朝鮮による脅威に対して中国とロシアが「唯一無二で特別な責任」を負っていると述べた。

 ティラーソン国務長官は声明で、中国とロシアは経済の面で北朝鮮を支えてきた主な国だと指摘し、両国は「地域と世界の安定に対する増大する脅威について唯一無二で特別な責任を負う」と述べた。

 中国は北朝鮮にとって最後の主な同盟国となっており、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は、国際社会は北朝鮮問題で「冷静さを失ってはいけない」と主張してきた。

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は、北朝鮮の最新のICBM発射実験を「無謀で危険」な行為と非難し、発射実験は安全保障確保の一環だとする北朝鮮側の主張を一蹴した。

 トランプ大統領は声明で「こうした兵器や発射実験によって世界を脅かすことで北朝鮮はますます孤立し、その経済は弱体化し、国民は搾取される」と述べた。

 北朝鮮は信頼性の高い核攻撃能力の獲得に向けた動きに拍車をかけており、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)政権への対応をめぐって中国と意見の一致をみていないトランプ大統領にとって厄介な政策課題となっている。
【翻訳編集】AFPBB News