塙宣之(ナイツ)

写真拡大

28日深夜放送の「マヨなか笑人」(読売テレビ)で、お笑いコンビ・ナイツ塙宣之が、吉本興業のギャラ対応を暴露した。

番組では、これまでの未公開シーンを放送し、マセキ芸能社所属のナイツとお笑いコンビ・三四郎が、事務所の裏事情などを明かした。

塙によると、同じ仕事でも事務所によってギャラが異なるそうで、過去のお笑いライブ「漫才サミット」で実感したというのだ。

同ライブは、中川家(吉本興業)、サンドウィッチマン(グレープカンパニー)、ナイツ(マセキ芸能社)のそれぞれ事務所の違う3組がフリートークと漫才をする内容で、主催は各事務所が持ち回りで受け持つそうだ。

ここで塙は「グレープカンパニー、マセキ芸能社のギャラの10分の1しかないんです。吉本のとき」と告白し、共演者を驚愕させた。

さらに塙は「これを見たときに『あ、これブラック企業だな』と」「同じパッケージングで全国回っているのに、吉本のときだけ『1ケタ間違ってない?』って」とコメントしていた。

【関連記事】
内村光良の愛ある厳しさ 事務所の後輩・三四郎が告白「バーターを嫌う」
南海キャンディーズ・山里亮太 今でも恨み続ける吉本興業の女性社員との因縁
渡辺直美 吉本社員の手のひら返しを暴露「見向きもしてなかったのに」