天才ロベルト・バッジョが教えてくれた!最も苦労したDFは誰?

写真拡大

かつてイタリア代表として活躍したロベルト・バッジョ。

稀代のファンタジスタとして愛された彼が、『Corriere della Sera』のインタビューに応じた。

そこには、「対戦したなかで最も手強かったDFは?」という問いも。天才バッジョの答えとは…。

ロベルト・バッジョ

「パオロ・マルディーニだ。

彼と対峙した時、抜けないって分かるんだ。

彼は大きかった。そして、ヘディングも左足も右足も強かった。

彼に匹敵するには、15人もの選手を合体させなきゃならない」

名前を挙げたのは、ミランとアズーリが誇るレジェンドであるパオロ・マルディーニ。非常に厄介な相手で、15人分の能力を持っていたと述べていたようだ。