いちいちウザい!彼氏が実はイライラしてる「彼女の恩着せがましいセリフ」5選

写真拡大

彼氏のために何かしてあげたとき、褒めてもらいたくてつい余計なことを言ってしまい後悔したことはありませんか?
また彼女は意識していなくても、彼氏からすると恩着せがましいと感じているかもしれません。

彼が彼女から言われると素直にありがたみを感じ取れず、恩着せがましいと感じてしまうセリフにはどのようなものがあるのでしょうか?

●(1)「感謝してね?」

『冗談ぽく言うなら可愛いけど、ガチトーンで言われたらうざっ!って思う』(32歳/IT)

もし彼が感謝の言葉を言おうとしていても、こんな風に言われたら一気に気持ちがしぼんでしまいそう。
内心彼に感謝してほしい気持ちがあったとしても、絶対にコチラから「感謝して」とは言ってはいけません。

相手にお礼を言ってもらいたいときには、こちらから積極的に「ありがとう」の気持ちを伝えた方がいい でしょう。

●(2)「私がコーディネートしてあげる」

『好きでこの服着てるのにいちいち余計なお世話だよ』(25歳/営業)

良かれと思ってやってあげたことでも、彼にとっては余計なお世話かも。
服のことに口を出されると、「俺ってダサい?」と、ダメ出しのように感じてしまうようです。

「あなたにはこんな服が似合うんじゃないかな?」と、あくまで提案に留めて決定権自体は彼に任せる といいかもしれません。

●(3)「この料理、作るのにすっごく時間かかったの」

『そうなんだ〜としか言えない、頑張って作ってくれたのは分かるけど少し残念だなぁと思う』(32歳/教師)

手間のかかる料理を作ったら、彼に褒めてもらいたくなっちゃいますよね。
でも下手に「すっごく大変だったんだよ〜」と言うと、恩着せがましく思われてしまうかも。

大変だったことはあまりアピールせずに「美味しいと思うから食べて!」と、彼に美味しく食べてほしい気持ちをアピールするといいでしょう。

●(4)「こんなに尽くしているのに……」

『露骨に見返りを求められると萎えますなぁ』(30歳/商社)

そもそも恩着せがましく思われてしまうセリフの中には、「彼に感謝してほしい(見返りが欲しい)」という気持ちが表れているものが多いです。
しかしそれは本当に彼の為を想っているわけでは無く、自分が感謝されたいからやっているだけの場合も……。

そして、そんな心理は彼にも見透かされているモノ。
そこはグッと我慢して、感謝してアピールはせずにサポートに徹すると、いつか必ず彼が本当に感謝してくれる日が訪れる はずです。

●(5)「私のおかげでしょ?」

『本当に彼女のおかげだったとしても、恩着せがましい女だなぁと思いますね』(25歳/印刷)

女性の場合でも、彼氏から「俺のおかげで助かったでしょ?」なんて言われたら、イライラしてしまいそうですよね。
恩着せがましくならないために大切なのは、自意識過剰にならないように 注意して、余計な一言を言わないコト。

むしろ、「いつも楽しいのは○○君のおかげだよ」と、自分ではなく相手を褒めると関係は上手くいくでしょう。

----------

彼氏のために尽くしても、恩着せがましいセリフで嫌われては意味がありません。
相手の気持ちを考えて、なるべく余計なことは言わないようにしましょう。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)