2000年以降のJ1、デビュー年に「二桁得点」を達成した2人の選手って?

写真拡大 (全3枚)

今季のJ1で首位を走るセレッソ大阪。

ユン・ジョンファン体制1年目ながら堅実な戦いを見せているが、チームを牽引するFWが杉本健勇だ。

ここまでチーム最多となる10ゴールをあげている杉本。

昨シーズンもJ2で14ゴールを記録するなど活躍したが、杉本にとってJ1での二桁ゴールは意外にもこれが初めてのこと。プロ契約から8年目にして、ようやくの達成となった。

杉本でも8シーズンかかったJ1での二桁得点。では、Jリーグデビューの年にJ1で10ゴール以上を記録した選手はいるのだろうか?

今回は、2000年以降のJ1においてこの条件を満たす日本人選手を探してみることにする。

Jリーグデビュー年にJ1で二桁得点をマークした、たった2人の選手って?

※特別指定選手は、たとえ出場がなくても登録年を「デビュー年」とする

1. 渡邉 千真

生年月日:1986/08/10 (30歳)
ポジション:FW
当時のチーム:横浜F・マリノス(2009年)
当時のJ1での成績:34試合13得点

早稲田大学時代、2年連続で関東大学サッカーリーグ得点王に輝いた渡邉千真。

加入した横浜F・マリノスでいきなりレギュラーの座を掴むと、J1開幕節のサンフレッチェ広島戦でスタート3分にいきなりJ初ゴールをあげる。その後も得点を積み重ね13得点を記録し、Jリーグ新人王のタイトルを手にした。

なおデビュー年でのJ1二桁得点は、城彰二が1994年に達成して以来2例目。渡邉のゴール数は城を1つ上回っており、未だに新人選手における最多得点記録として残っている。

※写真は2010年のもの

2. 金園 英学

生年月日:1988/09/01 (28歳)
ポジション:FW
当時のチーム:ジュビロ磐田(2011年)
当時のJ1での成績:28試合12得点

2011年、関西大学からジュビロ磐田へと加入した金園英学。

開幕から数えて3試合目となる第8節のサンフレッチェ広島戦で初得点をマークすると、その後も数少ないチャンスを活かし、中盤戦にはレギュラーを獲得(この年、東日本大震災の影響で節の消化が前後した)。

藤田俊哉が持っていた磐田での新人選手の最多得点記録(7得点)を更新するだけでなく、シーズンを終了してみれば渡邉千真以来3人目となるデビュー年でのJ1二桁ゴールを成し遂げた(12得点)。