冷凍庫重視派に!左側はすべて冷凍室のたっぷり容量タイプがありますよ

写真拡大 (全3枚)

ファミリータイプの冷蔵庫なら真ん中や最下段に冷凍室があり、冷蔵室が冷蔵庫の一番取り出すい位置にあります。でも冷凍室をよく使う今の時期、中腰になって冷凍室を覗き込むのは大変。さらに調理の際、材料を取り出すために冷蔵庫のあちこちを開けるのは手間ですよね。そう思っていたら登場しましたよ! 左右で冷凍室と冷蔵室が分かれている冷蔵庫がお目見えです。

AQUA(アクア)から登場する「2ドア サイド・バイ・サイド冷凍冷蔵庫」“パノラマ・オープン”(449L 8月3日発売)。観音タイプの扉を開けると、向かって右側が冷蔵室、左側が冷凍室を配置した冷蔵庫です。実はこれ、欧米ではよくあるスタイルで、豊富な収納力が特長。冷凍室は183Lあり、5段のガラス棚と上下2段のフリーズボックス、さらに冷凍室ポケットまで! これだけあれば、冷凍食品やアイスをしっかり整理でき、流行りの"つくり置き"にも便利に使えますね。

また、扉を開ければ冷凍室、冷蔵室の両方がひと目で見渡せるのも嬉しいところ。料理をする際にあちこちを開けたり閉めたりして食材を確認するのではなく、一気に在庫を確認し、一気に取り出せます。しかも奥行きが56cmしかない薄型設計なので最上段の奥も手が届きやすい! 忘れられた食材が奥で発見されるなんていうこともなくなります。

高級感があるガラス扉、丈夫なアルミ素材のハンドル部分など、美しいデザインも必見です。市場想定価格は14万8000円(税別)です。

>> AQUA「2ドア サイド・バイ・サイド冷凍冷蔵庫」

 

(文/&GP編集部)