韓国の文在寅大統領は29日の国家安全保障会議(NSC)で、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射への対抗措置として、米国の高高度防衛ミサイルシステム「THAAD」の発射台4基を追加で配備するよう指示した。

在韓米軍は今年3月にTHAADの発射台2基を基地に配備し、4月には新たに4基を韓国に搬入したが、配備は指示待ちの状態だった。

正確に命中

文氏はまた、韓米合同の弾道ミサイル発射をはじめ、強力な武力示威を行うよう指示した。

これを受けて両軍は29日朝、弾道ミサイル発射の合同訓練を韓国の東海岸で実施。韓国軍は射程300キロメートルの玄武2A、在韓米軍は地対地ミサイルATACMSを2発ずつ発射し、いずれも標的に正確に命中させたという。