米国防総省は、北朝鮮が28日深夜に発射したミサイルは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)だと断定した。国防総省のジェフ・デービス報道部長は28日(日本時間29日未明)、「今回のミサイルはICBMだったと分析している」との声明を出した。

声明によると、ミサイルは北朝鮮北部の舞坪里(ムピョンリ)から発射され、1千キロほど飛翔し、日本海に着水したと見られるという。

米韓「軍事攻撃」を議論

北朝鮮によるICBM発射は今月4日に次ぎ、2度目。前回は通常よりも発射角度を上げる「ロフテッド軌道」で発射し、37分間飛翔した。今回も同様の方法で発射されたもようだが、飛翔時間は45分に伸びた。射程がより伸びたとすれば、ハワイやアラスカを射程に収めるミサイルが開発されたことになる。

北朝鮮によるミサイル発射を受け、米軍トップのダンフォード統合参謀本部議長とハリス太平洋軍司令官は同日、韓国軍の李淳鎮(イ・スンジン)合同参謀本部議長と電話で協議した。米統合参謀本部のグレッグ・ヒックス報道官によると、北朝鮮に対する軍事攻撃の可能性についても議論したという。