IT企業の電子部品を製造する富士康科技集団の郭台銘会長は26日、米ホワイトハウスで開催された式典に参加し、100億ドルを投じて、米中西部ウィスコンシン州に液晶パネル工場を建設すると発表した。資料写真。

写真拡大

IT企業の電子部品を製造する富士康(フォックスコン)科技集団の郭台銘会長は26日、米ホワイトハウスで開催された式典に参加し、100億ドル(約1兆1100億円)を投じて、米中西部ウィスコンシン州に液晶パネル工場を建設すると発表した。新華社が報じた。

富士康が米国に大型の工場を建設するのはこれが初めて。郭会長は、「今はビジュアル革命の時代であるものの、米国にはまだ8Kディスプレイシステムを生産できる工場がまだない。ウィスコンシン州の工場は、当社が米国で『8Kディスプレイ+5G通信』システムを構築する計画の一部」と説明した。

式典に参加した米国のトランプ大統領は、「富士康がウィスコンシン州に工場を建設することは、液晶パネル商品や電子製造業が米国に戻ってきていることを示している。この投資により、今後、最少で3000人、最多で1万3000人の雇用が創出される」と述べた。

富士康は電子機器の生産を請け負う電子機器受託生産 (EMS) では世界最大の企業グループで、主要取引先には米国のアップル、マイクロソフト、ヒューレット・パッカードなどがある。現在、富士康は、米バージニア州とインディアナ州にも工場を設置しているが、雇用総数は2000人以下にとどまっている。(提供/人民網日本語版・編集KN)