世界に誇れる美しさ!壮大な雲海やパノラマ絶景が目の前に広がる全国「絶景テラス」5選

写真拡大

夏のスキー場がいま、大きな変革期を迎えています。

【Instagram】今すぐフォローして!夏の「痩せやすいボディ作り」にオススメのアカウント4選

人気の要因は涼しい高原で、壮大な雲海など夏ならではの絶景が楽しめる“テラス”。

この夏注目したい、全国の「絶景テラス」を厳選して紹介します。

壮大な雲海や大パノラマの絶景が魅力的な“絶景テラス”ブーム到来!

「雲海テラス」ってご存知ですか? 2006年に星野リゾート トマム(北海道)が営業を開始したグリーンシーズンのアクティビティです。

ゴンドラで一気に標高1,088mの山頂へ。そこにはせり出したテラスがあり、まるで絵の世界のようなダイナミックな雲海を一望することができます(雲海遭遇率は約40% ※星野リゾート トマム公表)。

おすすめは山頂駅からおよそ40分、標高差150m、距離約600mの軽登山。何も邪魔するものがない360度の大パノラマは見る者を魅了します。運がよければ、360度の雲海大パノラマを堪能することも可能です。

昨年は雲の上を歩くような、ちょっとスリリングな感覚を味わえる「クラウドウォーク」が話題となりました。

今年の夏は、約200人が座れる等高線をイメージした巨大ベンチ「コンツアーベンチ」や、ふかふかな雲の上に浮かぶような体験ができる「クラウドプール」が新登場。

常に進化を続ける「雲海テラス」だからこそ、リピーターが多いのも頷けますね。

星野リゾート トマム「雲海テラス」
【住所】
〒079-2204 北海道勇払郡 占冠村中トマム
【営業期間】
2017年5月13日(土)〜10月16日(月)
【営業時間】
5:00〜8:00(9月は4:30〜、10月は〜7:00)
【料金(ゴンドラ乗車)】
大人1,900円 小学生1,200円 ペット500円
 ※当日に限り何度でも乗車可能

日本全国!おすすめ“絶景テラス”

幻想的かつ壮大な雲海が人気で、今年で3年目を迎えるのが、長野県にある竜王マウンテンパーク「SORA terrace(ソラテラス)」。世界最大級166人乗りロープウェイで1,770mの山頂へ到着すると、夏とは思えない涼しげな高原が広がります。

竜王マウンテンパークの雲海は夕方に遭遇確率がグンとアップ。ロープウェイは夕方まで運行しているので、サンセットと雲海のコントラストという、他にない絶景を楽しむことも可能です。

竜王マウンテンパーク「SORA terrace」
【住所】
〒381-0405 長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700
【営業期間】
2017年6月3日(土)〜11月5日(日)
【営業時間】
9:00〜19:00
【料金(ロープウェイ往復)】
大人2,200円 子供1,100円 シニア(65歳以上)2,100円

別名“蝦夷富士”と呼ばれる羊蹄山や洞爺湖

晴れていれば、太平洋までも一望できるのが、ルスツリゾート(北海道)の「羊蹄パノラマテラス」。主役は眼前に鎮座する羊蹄山。一面の雲海から顔を出す羊蹄山はより凛々しく感じられます。

山頂エリアは風水的にも評価が高いパワースポットなので、ルスツ名物の「幸せの鐘」を鳴らしながら、ルスツの合言葉「be happy!」と叫んでみましょう。

ルスツリゾート「羊蹄パノラマテラス」
【住所】
〒048-1711 北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
【営業期間】
2017年4月29日(土)〜10月15日(日)
【営業時間】
9:00〜16:30(土日祝およびGW期間〜17:00、10月は〜16:00)
※雲海早朝便(宿泊者限定)や夏休み夕日便あり
【料金(ゴンドラ往復)】
1,200円 ※日帰りは入園券が必要

関西・中部圏の方におすすめ

関西・中部圏の方におすすめしたいのが、滋賀県のびわ湖バレイ「びわ湖テラス」。

クルマだと名神高速 京都東ICからたったの約40分! 電車でも京都駅から約50分、大阪駅から約80分という抜群のアクセスながら、他のテラスに勝るとも劣らない絶景を披露してくれます。

日本最大の琵琶湖のすべてが見渡せる360度の大パノラマに、上質感のあるウッドデッキのカフェ「CAFE360」、そして、開放感あふれる扇状のデッキなどなど。思い立ったらすぐ行ける絶景テラスなんです。

びわ湖バレイ「びわ湖テラス」
【住所】
〒520-0514 滋賀県大津市木戸1547-1
【営業期間】
2017年4月5日(水)〜12月10日(日) ※休業日あり
【営業時間】
9:30〜17:00(土日祝および夏休み期間9:00〜)
【料金(ロープウェイ往復)】
大人2,200円 子供900円 幼児(3歳以上)500円

ファミリーに人気の高原リゾート

最後はファミリーに人気の高原リゾート、タングラム斑尾(長野県)に昨年誕生した「野尻湖テラス」。

眼下にはナウマンゾウの化石を発掘したことで知られる野尻湖、さらには2,000m級の山々が連なる北信五岳(ほくしんごがく)のうち、飯縄山、戸隠山、黒姫山が一望できます。

今年は山頂駅2階をリニューアルし、北欧風カフェ「野尻湖ラウンジ」をオープン。屋内なので、大きな窓から天候を気にせず絶景を堪能することが可能です。

タングラム斑尾「野尻湖テラス」
【住所】
〒389-1302 長野県上水内郡信濃町古海
【営業期間】
2017年7月15日(土)〜17日(月祝)・9月2日(土)〜10月9日(月祝)の土日祝7月22日(土)〜8月27日(日)の毎日
【営業時間】
9:00〜16:00(7/22〜8/27は6:30〜18:00)
【料金(リフト往復)】
大人1,200円 小学生以下1,000円