もはや説明不要の超大作『ドラゴンクエスト』シリーズの約5年ぶりとなる新作ナンバリングタイトル『ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて』が2017年7月29日発売となった。ヨドバシカメラでは、発売日に合わせて午前7時からの早朝販売を実施(一部店舗を除く)。何かと行列ができるヨドバシAkibaでは前日夜からの列は見られなかったが、6時45分頃には約200人を超える行列ができていた。

購入までの一部始終をお届け!

『ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて』の特徴は、なんといってもPS4版とニンテンドー3DS版の2タイプが同時に発売する点。美しい3Dグラフィックで描かれるPS4版、ファミコンやスーパファミコン時代を彷彿とさせる3DS版。ストーリーこそ同じだが、ユーザー層それぞれのニーズに応えられる形となっている。ネットはもちろん、リアルでも“どっちを買うか論争”が頻繁に起こっており、新作ドラクエへの期待は大変大きなものになっていた。

そんなこんなで迎えた発売日当日。本作は、大手量販店のみならずコンビニ等でも取り扱っており、どこでも予約ができる状態だった。そのため早朝から店頭に並ぶ必要もあまりない状態だったが、やはり超大作の新作。“現場のお祭り感”を求めている方も多いようで、ヨドバシAkibaでは早朝7時には200人以上の人が集まっていた。本記者も購入目的で並んでみたので、その一部始終を写真でお届けする。

無事に入手できた『ドラクエ11』。もともと整理券の配布などがなかったことから、おそらく在庫は潤沢と思われる。気になる方は、ぜひお店に足を運んでみてはいかがだろうか。

(こぼれ話)
帰りのエレベーターにて、どこかのニュースサイト記者から「今日は何時ぐらいから並んでいるんですか」と話しかけられた。一般の方へのインタビューかと思い「6時30分前くらいですね」と素直に答えたのだが、逆にこの記者は何時からいるんだろうと思い、質問を投げ返してみた。すると「はは……前日からです……」と疲れた様子で返答。超大作発売の取材は大変そうだった。

※写真は著者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: sasuke) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』