「天使に憧れ2階から…」桑田真澄次男の衝撃言動は親の教育不足が原因!?

写真拡大

 おいおい大丈夫か? そんな心配の声が多数上がっている。

 元プロ野球選手の桑田真澄の次男でモデルのMattが7月21日放送の「快傑えみちゃんねる」(カンテレ)に出演した。

 Mattといえば桑田には似ても似つかないハーフ顔が特徴的だが、番組では自身は母親似であるとMattは説明。週1で美容室に通い、ファンデーションを塗っていることもあり、かなり神秘的な見た目のMattだが、そのようになった理由とも思える幼少時代のエピソードを明かし、共演者たちを驚愕させている。

 Mattは「ずっと飛びたかったんですよ。天使になりたくて…」と、天使に憧れていたことを告白。しかも、天使になるために小学生の間はずっと羽根をつけて行動していたのだとか。

 何でも、天使の羽根を毎年クリスマスにプレゼントされていたようで、番組では当時の写真も紹介。それだけでも十分インパクトのあるエピソードだが、なんとその羽根をつけて2階から飛び降りたこともあるというから驚きだ。

 当然、空を飛べなかったとのことだが、これに視聴者からは「おいおい、コイツなかなか…」「桑田はちゃんと教育してるのか」「何故、桑田からこんな不思議ちゃんが生まれたんだ」など、桑田の教育方針に問題があるのでは? という声も上がっている。

「お小遣いはもらっていないものの父からクレジットカードを持たせてもらい、月100万円の買い物をしたりと、やはりお坊ちゃんで甘やかされて育ったのではと思ってしまうところもある。というのも、自分に厳しいと言われている桑田ですが、Mattを一度も怒ったことがないようで、教育方針は『目上の人には正しい態度で、これからも努力し続けて、謙虚にやっていきなさい。そこだけ注意しておけばあとは自由でいいよ』というもののようですから、ちょっと常識外れなところがあってもおかしくない。ちなみにMattのメイクに関しても桑田は『いつもキレイな姿でいるのは好きだよ』と話しており、好意的なんだとか」(エンタメ誌ライター)

 今後テレビ出演が増加することで、さらなる規格外の言動を見せたり、そういったエピソードが明かされそうな予感がする。

(本多ヒロシ)