iPhoneやパソコンのMacintoshなど、多くの人が利用しているApple社の製品。

ロリクラ☆ほーるど (@yukes_bukatsu)さんもAppleユーザーの1人です。ある日、1通のメールをAppleから受け取りました。

内容を確認すると、「アカウント情報が不正確なため、確認してほしい。確認せずに24時間が経過した場合、アカウントが停止になる」とのこと。

メールに貼られたリンクをクリックした投稿者さん。リンク先のページを注意深く観察すると、このメールは詐欺だということが分かったのです!

ほとんど見分けがつかない

リンク先のページはこのようになっています。

そして、本物のAppleのページがこちら。

※『Apple』Webサイト スクリーンショット

ニセモノと本物のページはよく似ているため、パッと見では違いが分かりません。

投稿者さんによると、本物とニセモノの違いは以下の3つです。

記載されている文言が違う。ページのURLが違う。本物と違い、ニセモノはヘッダー部分(ページ上部)の「Mac」「iPad」などのメニューをクリックしても、ほかのページに移動しない。

投稿者さんはこの詐欺の巧妙さに驚き、注意喚起のためにTwitterに投稿しました。

もし詐欺だということに気付かず、個人情報を入力していたら…。そんなことを想像すると、ゾッとしますね。

この詐欺メールに、多くの人が寒気を覚えたようです。

パッと見ただけでは全然分かりませんね。気を付けねば。マジか…。本当に怖い世の中ですね。自分のところにも、同じものがきました。怖い。

どんどん巧妙になっていく詐欺。

「自分は引っかからない」と油断をせず、このようなメールが届いたら一度立ち止まり、確認する慎重さが必要です。

[文・構成/grape編集部]