ドルトムント、新加入の21歳MFデビューもエスパニョールに敗戦 香川はベンチ外

写真拡大

スイスでのテストマッチに0-1で敗戦、期待のダフードが初出場

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが現地時間28日、スイス・ビンタートゥールでスペインのエスパニョールとテストマッチを行った。

 期待の新戦力、U-21ドイツ代表MFダフードのデビュー戦となったが、試合は0-1で敗れた。

 ドルトムントのスタメンは4-3-3システムで、GKビュルキ、DFピスチェク、ソクラティス、バルトラ、ザガドゥ、MFシャヒン、ゲッツェ、カストロ、FWデンベレ、オーバメヤン、シュールレという11人。ベンチは20歳のGKレイマン、U-19チーム所属の18歳DFベステ、ともに新戦力のMFダフード、MFフィリップの4選手のみで、リハビリが続く香川はベンチ外となった。

 ドルトムントは前半24分にゲッツェ、デンベレがリズミカルにパスをつないでオーバメヤンがペナルティーエリア内で絶好のチャンスを迎えるも、シュートはゴール左へ外れる。その後もゲッツェの飛び出し、カストロのミドルシュートから好機を作ったが、得点は奪えなかった。

 すると0-0で迎えた後半35分にはソクラティスがロングボールの落下点を見誤り、背後を簡単に取られたところをエスパニョールFWパブロ・ピアッティにゴールを許した。結局、これが決勝点となってドルトムントは0-1で敗れた。

ボス新体制発足後の戦績は2勝1分2敗

 今夏ボルシアMGから加入し、アジアツアーには帯同していなかった期待の21歳ダフードがデビューを果たしたドルトムントだったが、今季のプレシーズンマッチ初戦となったドイツ4部RWエッセン戦(2-3)以来の黒星。ここまでボス新体制5試合の成績は2勝1分2敗となっている。

 現地時間8月1日にはセリエAのアタランタとテストマッチを行い、同5日は今季初の公式戦となるバイエルン・ミュンヘンとのDFLスーパーカップが控えている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images