先日掲載の記事「認知症のお年寄りが「安心して徘徊できる」街は作れるのか?」で、「高齢者の方への声かけを地域で積極的に」との呼びかけを発信した、無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者でマンション管理士の廣田信子さん。今回はさらに一歩踏み込み、「地域で認知症の方を支える方法」について、地域包括支援センターの方から伺ったという話を紹介しています。

地域で認知症を支えるってどうすればいいの?

こんにちは! 廣田信子です。

地域で認知症の方を支えると言っても、自分に何ができるんだろう…、そう思う方は多いと思います。でも、それは自分で考えなくてもいいんです。専門機関につないで、できるだけ早く専門家の支援や介護を受けられるようにしてあげることが大事なのです。どうも様子がおかしくて認知症じゃないかと思ったら、そんなことを言っては失礼かな…、間違っていたら悪い…、なんて思って躊躇しがちですが、そんな必要はないのです。

以前は、住民が地域包括支援センターに言っても取り合ってくれなかった…、なんていう話を聞きましたが、今はそんなことはありません。地域包括支援センターはできるだけ早く支援が必要な人をキャッチして対応したいのです。そのために住民の方の情報はありがたいのです。誰からの情報なんて言わずに、上手に対応してくれます。でも、その後、自宅での生活を支えるには、近隣の方の協力はありがたいのです。

ある認知症が疑われる一人暮らしの女性のお話です。自治会の行事の日が覚えられなくて、何度も確認の電話が入り、同じ質問をします。心配した近隣の方から地域包括支援センターに連絡があり対応したところ、初期の認知症と分かり、介護認定がされましたが、近隣の方から、自分たちに何かできることがありますか…、というお話がありました。

できるだけ自宅で生活しいろいろな行事にも参加したいとその方が思っているので、その申し出はとてもありがたくて、重要なところは専門家が介護しますが、日常、毎日確認の電話が入っても、「また〜」「昨日も言ったでしょう〜」なんて言わずに、その度、丁寧に対応してあげることを近隣の方がやってくれました。そして、行事には声を掛けて自然に付き添ってあげる…。そういうサポートがあることで、その方は、進行を遅らせることもでき、ぎりぎりの状況まで、それまでと同じ環境で暮らすことができたと言います。

支え合うって難しいことではなく、困ったら電話をできるご近所さんがいる、このごろちょっと様子がおかしいと気に掛けてくれる人がいる、ちょっとしたサポートをいとわない付き合いがある、そういう関係をつくっていこうということなのだと思います。この話は、7月26日のマンションコミュニティ研究会で、地域包括支援センターの方がシェアしてくださったお話です。

間違いなく、長寿社会は認知症との共存社会です。急速に超高齢社会が進行した日本では、地域で、認知症の予防や軽度認知症の方とその家族をサポートしていかなければ、日本の存亡の危機とも言える状況になってしまう訳で、やらないという選択肢はないのです。

大野先生の講演での言葉は、静かながら非常に強いメッセージでした。だからこそ、誰かが抱え込むのではなく、認知症に関する理解者のすそ野を広くして、地域包括支援センターや社会福祉行議会と連携して、それぞれが、自分なりにできることをやっていく…、このマインドを広げることが大事なんだと再確認しました。正解はなく、どこまでできるかは手さぐりだけど、できることから、できる人がやるしかないのです。

認知症をサポートする環境も、認知症の予防や進行を遅らせる方法も日進月歩です。初めて認知症サポーター研修を受けた時と比べると、今は雲泥の差です。廣田は2回受けていますが、数年たっていますから最新の3回目を受けようと思います。勉強会の参加者の中には、すでに2回受けている、3回受けているという方も何人もいらっしゃいました。

「がん」が不治の病でなくなったように、「認知症」を食い止める方法も必ず見つかるはずです。それに希望を持ちつつ、今、できることをやっていきましょう。長寿という恩恵と引き換えに誰もが発症する可能性をもつ「認知症」の存在は、きっと、それを通じて、私たちに何かを学べと言う、大きな意味があるものなのだと感じています。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!