スケジュール帳が真っ白だと不安になってしまうこと、ありませんか? 「わたしって友達少ないんだなあ」と落ち込んだり、「毎日充実してないんだなあ」なんて凹んでしまったり。しかしそんな心配はする必要はありません。なにも予定がない日こそ、最高の1日なのです。今回はそんな予定のない日におうちから一切外に出ず、楽しくひとりで充実した時間を過ごすメリットを挙げていきます。

1. ストレスがない

1日家に閉じこもっていれば誰と口をきく必要もありません。人間関係のわずらわしさから一瞬でも解放されます。誰かと接することは楽しいことばかりではありません。自分と違う考えや価値観を持つ人はたくさんいます。そのせいで傷ついたりすることだってたまにはありますよね。だからこそたまにはひとりきりになってストレスのない時間を過ごしましょう。他人との摩擦を忘れることも大事な心のデトックスです。

2. 美容に専念できる

お仕事や学校のある日や遊びに行く日にはなかなかできない半身浴も、引きこもりデーでは昼間からできちゃいます。パックやマッサージをしたりして、いわゆる「自分磨き」に励んでみてはいかがでしょう。家から出ない日は、外出するときの準備期間です。自分を綺麗に整えて、他人と会うときに最高の自分でいられるようにしておくと、もっと外出が楽しくなるかもしれません。

3. 趣味にとことん没頭できる

人からの干渉を受けない日は、とことん自分の好きなことをやりましょう。映画を観たり小説や漫画を読んだり、ゲームをしたり。難しいことはこの際頭から全部追い出して、好きなことだけ考えて過ごしてみましょう。とがめる人は誰もいないし、好きなことばかりしている自分に罪悪感を持つ必要もないのです。

4. 好きなだけ寝られる

昼まで寝ていても1日中ゴロゴロしていても、誰も文句は言いません。好きなだけ寝て、日頃の疲れを取ってください。1日を寝て過ごすと「今日は寝て終わってしまった……」なんて後ろめたい気持ちを抱いてしまう人も多いですが、そんなふうに思わなくて大丈夫です。たまにはそういう日があったっていいのです。思いっきり休んで、仕事や学校に備えましょう。きっと次の日からがんばろう! という気力も湧いてきます。

家から一歩も出ない日、というと暗い印象を抱きがちですが、実は日々を生活する上でとても大事です。自分のことだけを考えて、自分をいたわってあげてください。たくさん楽しんでストレスフリーな時間を過ごして、次の日のエネルギーにしましょう。予定がない日もよいものですよ。