シード勢は全滅、デルボニス、メイヤー、コールシュライバー、マイヤーが準決勝へ [ドイツ・テニス選手権]

写真拡大

 ドイツ・ハンブルクで開催されている「ドイツ・テニス選手権」(ATP500/7月24〜30日/賞金総額149万9940ユーロ/クレーコート)のシングルス準々決勝で、フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)が第3シードのカレン・カチャノフ(ロシア)に7-5 3-6 6-4で競り勝ち、ベスト4に進出した。

 ラッキールーザーのレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)もイリ・ベセリ(チェコ)に7-6(4) 6-3でストレート勝ちし、これで準決勝のひとつはデルボニス対メイヤーのアルゼンチン人対決に決まった。

 一方、もうひとつの準決勝はドイツ人対決になる。この日の準々決勝で、フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)はニコラス・キッカー(アルゼンチン)を7-6(6) 4-6 6-4の接戦の末に退けた。またフロリアン・マイヤー(ドイツ)は第6シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-2 2-6 6-3で下し、コールシュライバーとの準決勝にこぎつけた。

「アップダウンのあった厳しい戦いだった。僕が素晴らしいスタートを切り、彼が奮起し返し、僕らは今日いい戦いを見せたと思う」と試合後、コールシュライバーは言った。「僕は母国でのプレーを楽しんでいる。ホームでいいパフォーマンスを見せなくては、というプレッシャーはいいものだ。プレーレベルを上げる助けになるよ」。

 この日、まだ残っていたシードふたりが敗れたため、ベスト4が決まった時点でシードは皆無となった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「ドイツ・テニス選手権」の準々決勝で第3シードのカレン・カチャノフ(ロシア)に競り勝ち、ベスト4に進出したフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)(写真◎Getty Images/マイアミで撮影)
Photo: MIAMI, FL - MARCH, 28: Federico Delbonis (ARG) during his Round of 16 match in the 2017 Miami Open on March 28, 2017, at the Tennis Center at Crandon Park in Key Biscayne, FL. (Photo by Andrew Patron/Icon Sportswire via Getty Images)