ビーナス・ウイリアムズが起こした交通事故、その後の調査

写真拡大

 警察は、(のちにお年寄りを死に至らせることになった)交通事故を引き起こしたのは、テニスのスターであるビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)である可能性が高いことを本人に告げたが、3番目のドライバーの行為が、彼女がまずい場所にとどまることを余儀なくしたように見えると言い、ビーナスを警察に召喚しなかった。新しくリリースされたボディカメラにより、ビデオがその様子を見せている。

 パームビーチ・ガーデン警察のビデオは6月9日の交通事故のあと、無傷のビーナスが歩き、警官と静かに話しているところを映し出していた。ビデオはまた、他の車の助手席に乗っていた78歳のジェローム・バーソンさんが、意識はあるが血を流し、混乱している様子であるところも映している。のちに、彼の背骨が折れ、内臓にも損傷があることがわかった。彼は6月22日に亡くなった。彼の妻で、事故時、車を運転していたリンダ・バーソンさんは、警官に腕の骨が折れたと告げていた。

 それに先立ち公表されたセキュリティ・ビデオはビーナスが青信号で直進していたが、他の車が左折してビーナスの車の行く手を遮り、通行の激しい6車線の交差点を横切っていた彼女に、車を一時停止することを強いているところを見せている。ビーナスがふたたび車をスタートさせたとき、バーソンさんの車にとって信号が青になり、バーソンさんの車ヒュンダイ・セダンが、ビーナスの車トヨタ・セコイアに突っ込んだ。

 木曜日の遅くに公開されたボディカメラによるビデオは、取り調べの責任者であるデビッド・ダウリングがビーナスと目撃者に事情聴取したあと、ビーナスに、事故に関し彼女にとがめられるべきところがあると信じるが、出頭を命じないのはなぜかを説明している間、ビーナスが自分の車に座り、真剣にその説明に耳を傾けている様子を見せている。

「君にとって青信号だったから、出口に向かって車をスタートさせる権利はあった。でも君は(他の車に妨害され)交差点の真ん中で動けなくなってしまったので、通行の権利を失ってしまった」とダルリングは、白いテニスシャツとスカートに青い野球帽という出で立ちのビーナスに言った。「その時点でリンダ・バーソンさんにとって信号は青信号になり、彼女は君がそこを横切ることを知る由もなかった」。

 ビーナスはダウリングに「そのような状況で、いったい何をすべきなのですか。後ろに戻ることはできませんから」と尋ねた。

「その通り」とダウリングは答えた。「ただ悪い状況の中にはまってしまったんだ。保険会社に処理してもらおう、君に召喚状は出さないつもりだよ」。

 パームビーチ・ガーデン警察は今、調査はまだ終了しておらず、(現時点で)過失は認識されていない、と言っている。

 この交通事故のあと、ビーナスはウィンブルドンを戦い、7月15日の決勝でガルビネ・ムグルッサ(スペイン)に敗れた。過去に5度ウィンブルドンで優勝しているビーナスは、大会の記者会見で、交通事故とジェローム・バーソンさんの死について尋ねられたとき、取り乱し涙にくれた。

 バーソン側は6月30日に、ビーナスに対して不法死亡訴訟を起こし、詳述されていない賠償金を要求した。

「ボディカメラによる映像は、ビーナスはこの事故の原因についてとがめられるところがある、という我々の元の査定を裏づけています」と弁護士のマイケル・ステインガーは声明文の中で言った。

 一方、ビーナスの弁護士マルコム・カニンガムは、スポークスマンを通しコメントを拒否した。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は、ワールド・チーム・テニスに出場したビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)。彼女が6月に起こした交通事故の調査は今も続いている。(写真◎Getty Images)
Photo: PHILADELPHIA, PA - JULY 24: Tennis player Venus Williams attends the 2017 Mylan World TeamTennis Washington Kastles vs Philadelphia Freedoms match at Michael J. Hagan Arena at St. Joseph's University on July 24, 2017 in Philadelphia, Pennsylvania (Photo by Gilbert Carrasquillo/Getty Images)