この季節、ブルーを取り入れたカラーリングで目から涼しさを取り入れてみてはいかがでしょうか。ここでは、ブルーの清涼感あるコーデ実例をご紹介します。

写真拡大

見るだけで涼しい気分になる! ブルーコーデ実例

夏の涼しそうな着こなしを考えると、とにかく薄着に走りがちですが、涼し気なコーデはカラーリングでも取り入れ可能です。清涼感あるブルーには、興奮を抑えて、気持ちを落ち着かせる効果もあるんです。そんなブルーをコーデに取り入れれば、暑さに負けない落ち着いた気持ちになれるかもしれませんよ。ここでは、ブルーを基調にしたコーデのコツをご紹介します。

明るいブルーとホワイトでアイシングカラー

トップスとシューズでブルーを取り入れホワイトのパンツで涼し気なカラーリングに
ブルーのトップスは合わせやすいので、すでにお持ちの方も多いのではないでしょうか? ブルーのトップスをより涼し気に見せるなら、ホワイトのボトムスを合わせるのが一番! 見ているだけで涼し気なコーディネートになります。ここでは足元にも濃いブルーを配置しさらに色温度を下げてみました。ただブルーで固めすぎてもクドくなるので、カゴバッグや木製の腕時計で温かみのある素材感も加えました。

重たいブラックもブルーボトムスで軽やかな清涼感を

明るいブルーのボトムスでブラックも一気に夏らしい軽やかな印象に
夏のブラックは重たくて暑苦しい印象になりがちです。しかし、ブルーを取り入れれば、一気に夏らしい涼し気なコーディネートになります。ボトムスは面積が広いためカラーを取り入れるのには勇気がいりますが、明るめのブルーならデニム感覚でコーディネートできますよ。

オールホワイトに冷たいブルーを効かせて爽やかに

上下ホワイトに明るいブルーのサンダルを加えて清涼感を感じる爽やかなコーディネートに
夏といえば、やはりホワイト! 夏なら上下ホワイトもチャレンジできますよね。上下ホワイトというだけでかなり涼し気に見えますが、サンダルなど小物でブルーを加えればさらに清涼感が増し、見ているだけで爽やかな気分に。ホワイトと明るいブルーだけだと色が薄すぎるので帽子やバッグで素材感を加えてバランスを整えています。

ブルーグラデーションの清涼カラーリング

明るいブルーにネイビーのボトムスを合わせてシックな清涼感カラーのコーデ
上下ブルーを合わせたらクドくならない?と心配になりますが、ネイビーと明るいブルーでグラデーションを作れば統一感あるコーディネートができます。ブルーのトップスにホワイトのボトムスを合わせると明るい清涼感ですが、ボトムスをネイビーにするだけでシックな清涼感に変身します。合わせる濃さによって印象がガラリと変わるので、色の濃淡を意識してコーディネートするとよいでしょう。

透明アクセサリーでさらに涼し気に見せる

顔周りを涼しく見せる透明ビーズのイヤリング
清涼感を作るのは洋服だけではありません。アクセサリーでも演出できます。透明素材のアクセサリーなら、さらに涼し気な印象を与えることができるでしょう。顔周りは視線が集まりやすい領域です。イヤリングなどで透明素材を取り入れれば、涼し気な印象が増すことは間違いないでしょう。

いかがでしたでしょうか? 夏の着こなしは、カラーリングを意識するとコーディネートの幅がぐっと広がります。ブルーは合わせやすく清涼感のある色。涼しいカラーリングでファッションを楽しんでくださいね。
(文:高幣 素子)