“最高の仕上がり”のために ベストタイミングを教えてくれるフライパン

写真拡大 (全2枚)

 料理を良い状態に仕上げるには、調理を開始する際のフライパンの温度と、調理中も食材に均等に熱を与えることが重要だ。そこで、170年以上の歴史があるドイツのキッチンウェアブランド「フィスラー」は、色の変化でベストタイミングを知らせる機能を持ったフライパン「センサーレッド」を8月上旬に発売する。センサーレッドは、フィスラー独自の技術「サーモセンシティブコーティング」を採用。このコーティングがフライパン内面全体に施されていて、熱すると内面全体の色が明るい赤から濃い赤に変化し、調理を開始するベストタイミング(約180〜190度)が分かるようになっている。またフィスラーのフライパンは、全体の温度がムラなく均一になる構造で、料理が満足の行く“最高の仕上がり”になるよう設計されている。

 サイズは20・24・26cm。価格は税別10,000〜13,000円。