離婚するハメス・ロドリゲスとダニエラ・オスピナ

写真拡大

バイエルン・ミュンヘンに所属するコロンビア人スターのハメス・ロドリゲスとその妻ダニエラ・オスピナが離婚すると発表している。そして、ハメスとダニエラは6年間の結婚生活に終止符を打つことになる。なお、この発表はSNSを通じてダニエラが行っている。

【関連記事:ハメス レアルの耳に痛い一言】

バイエルン・ミュンヘンでのアメリカツアーに参加しているハメスと25歳のダニエラには4歳の娘サロメがいるものの、今回正式に離婚する。

ダニエラはインスタグラムを通して公式に離婚を発表、2人と娘サロメへの配慮を求めており、相互理解の下でこの結論に至ったと語っている。それに加え、ハメスへの敬意と愛は持っているともダニエラは明かしている。

また、インスタグラムの写真にはハートマークが語尾につけられた「一緒」というコメントが添えられている。今後について、ダニエラはコロンビアに住み、自身のブランドを立ち上げ、ハメスはドイツでバイエルン・ミュンヘンでの自身のキャリアに邁進すると発表している。

なお、母国コロンビアでは10代で交際をスタートさせ2人は誰もが羨む家族として知られていた。

■最初の反応
離婚の報道がされると、ダニエラは娘サロメについて言及し、「我々はサポートをし続けるとともに、思いやり続ける」と語っている。また、インタビュー中には「娘サロメは元気であり、問題ない。これらの変化は彼女にとっては大きなものであるが、私たち2人からは遠くに離れることはない」と返答している。

DaniSaloméさん(@daniela_ospina5)がシェアした投稿 -