ネイマールがセメドに詰め寄る

写真拡大

バルサではネイマールJr.が引き続き注目を集めている。PSGへの移籍、そしてユベントス戦やユナイテッド戦で見せたゴールに続き、練習中の仲間とのケンカが話題となっている。

ポルトガル代表DFネルソン・セメドにネイマールが腹を立てた理由は、セメドの激しいタックルだった。ネイマールはセメドのアクションを非難し、セメドはいざこざを起こさないように避けた。しかしネイマールは腹の虫がおさまらなかったようで、セメドの後を追った。ここで『Daily Mail』誌のビデオに見られるように、マスチェラーノとブスケツ、ルイス・スアレスが現れ、ネイマールの怒りを鎮めようとした。

その後、ネイマール自身の決断なのか新監督バルベルデの指示かは分からないが、ネイマールは練習場を後にする。だが去り際にネイマールはゴールに向かってボールを蹴りつけた。

インターネット上にこの時のビデオが出回っている。バルサのサポーターたちはバルベルデ率いるバルサのために、このような状況を早く打開して欲しいと願っている。