歯ブラシのクセはアプリで確認!効率的にオーラルケアをしよう!

写真拡大 (全5枚)

虫歯や歯周病予防において、何より効果があるのが毎日の歯磨き。ところが人それぞれに磨き方にクセがあるので、磨ききれないところや届いていないところがどうしても残りがち。そこで活用したいのがアプリ連動する電動歯ブラシです。磨き方のクセをチェックして指導してくれるほか、一人ひとりに合わせたオーラルケアを教えてくれます。

フィリップスから登場するのは「ソニッケアー ダイヤモンド クリーンスマート」(オープン価格/9月1日発売)。歯垢除去、歯ぐきケア、ステイン除去、舌ケア、それぞれに特化した4本のブラシヘッドがセットになった電動歯ブラシです。このブラシヘッドがなかなかのスグレモノ。マイクロチップが内蔵されており、それぞれに最適なモードと強さを自動的に設定してくれます。

さらにスゴイのがアプリ連動による機能。ハンドル内蔵のスマートセンサーが歯磨きのクセをチェックし、上手なブラッシングを指導してくれるんです。また、毎日の歯磨きを記録して、オーラルケア方法とコツも伝授! ブラシを歯に押しつけ過ぎていればアプリに表示したり、ハンドルのライト・振動でお知らせしてくれます。

ついゴシゴシ磨いたり、いつも同じ方向から同じ動きで磨いてしまったりしますから、この指導は嬉しいですよね。また、ブラシヘッドの交換タイミングについても、日ごろのブラッシング時間と圧力から算出し、アプリで確認できるほか、ハンドルのライトが光って知らせてくれるというからオドロキ。まるで自分だけの歯科衛生士が側にいてくれるかのようです。

一方で、本体機能もさすがフィリップス。音波水流で磨きにくいところの歯垢もしっかり除去し、5つのモード・3つの強さ設定で磨き上げます。

気になる充電面は、1回24時間の充電で約2週間の使用が可能。本体は約144グラムと軽いですし、出張に持っていくのもいいですね。ルナーブルー、ホワイト、ブラックの3色展開です。

>> Philips「電動歯ブラシシリーズ」

 

(文/&GP編集部)