皆藤愛子、元スペイン代表・モリエンテスと記念撮影で笑顔

写真拡大

Jリーグ副理事長の原博実が、7月30日放送の『FOOT×BRAIN』(テレビ東京、毎週日曜11:00〜)にゲスト出演。MCの勝村政信と皆藤愛子、番組アナリストの藤田俊哉と共に「Jリーグ大改革プラン」について語り合う。さらに、ラ・リーガとの戦略的提携を取材するため皆藤がJリーグに初訪問する。

原は、日本サッカーリーグ時代に日本代表選手として活躍し、現役引退後は解説者やJリーグチームの監督などを歴任。日本サッカー協会では技術委員長などを担当し、現在はJリーグ副理事として手腕をふるっている。

今回番組では、日本サッカーを様々な角度から見てきた原と共に、設立から25年が経ち、さらなる飛躍が求められるJリーグを中心に議論を展開。「外国人枠」に対する考えや「ビッグクラブ」の必要性、「指導者の育成」など、多岐にわたって話し合っていく。

また、ラ・リーガ(スペイン)との戦略提携というビッグプロジェクトを取材するため、皆藤がJリーグを初訪問。アンバサダーとして来日した元スペイン代表のフェルナンド・モリエンテスやJリーグスタッフと一緒に記念撮影するなど和やかなムードに包まれる。さらに皆藤は、モリエンテスにインタビューを行い、「日本代表の印象」「日本代表が優勝するために必要なもの」などについて聞いていく。