ベルナルデスキ、10番ではなく33番を選択

写真拡大

▽フィオレンティーナからユベントスに加入したイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキが、背番号33を背負うことが決まった。

▽フィオレンティーナとU-21イタリア代表で10番を背負っていたベルナルデスキは、かつてアレッサンドロ・デル・ピエロやロベルト・バッジョ、ミシェル・プラティニなどレジェンドたちが背負ってきた、現在空位となっている栄光の背番号10を付ける可能性もあったが、10番を選ばなかった理由をマイアミで行われた入団会見で以下のように語っている。

「フィレンツェで証明したようにユベントスでも10番を背負うに相応しい選手とならなければならない。今季はクラブ、監督、チームメートに自分が10番に相応しいかを示すチャンスをもらえた。僕は10番が好きだし、自分が相応しいと思ったら10番を手にしていたと思う。とはいえ、33番もキリスト教信者にとっては大切な数字だ。とても重い番号だよ」