東京の数ある街の中でも、最も艶やかな街・六本木。数々の男女が出会い、別れてきたこの街こそ、現代のお食事会に相応しい街であることに、異論はないはず。そんな六本木の中でも、今回紹介するのは、多くの人々が“鉄板”!と認める、超人気店。

なぜ、人はその店で出会うのか。そこには、相応の理由があるのだ。




六本木駅近のニューカマー。「シャンパンで乾杯」がお食事会を成功に導く
『CEDAR THE CHOP HOUSE & BAR』

遊び慣れた大人たちに、心躍る最新トレンドをいつも、発信してきた六本木。『セダー ザ チョップハウス&バー』はそんな街に誕生したばかりのレストラン。

サーフ&ターフ(海の幸と山の幸)をテーマに全国各地から「一番美味しい」食材を厳選。それらを“チョップ”というキーワードで結び付けた点が新機軸で、チョップと聞いてまず連想する、骨付き肉のほか、叩き切る、切り刻むといったプロセスから生み出される、サラダやシーフードも充実。素材の食感、香りまで活かし切って調理しているのだ。



フルーティでまろやか。バランスの良さが魅力の「モエ アンペリアル」1本(200ml)¥2,000

洒落た店内には個室もあり、男女で集う特別なお食事会にも最適。傍らでスペシャルな気分を高める存在が「ミニ モエ」だ。

これは、モエ・エ・シャンドンがもっと気軽にシャンパンを楽しんでほしいとリリースした200mlのミニボトル。中身は同メゾンを代表する「モエ アンペリアル」。1人=1本で楽しめる点がこれまた新しい。

「六本木という土地柄、乾杯は泡の方が多い」と下村優太料理長。今宵は最新トレンドの空間で、ミニ モエと体感する特別な食事になる。



カジキのグリル バジルのサルサヴェルデ¥2,800(手前)、マグロとアボガドのチョップドサラダ コチュジャンドレッシング¥1,400



個室は店内最奥部に。最大8名まで利用可





開放感はありながら実は他の視線が気にならない!等高線で狂う平衡感覚が心地よい酔いを誘う
『厳選焼肉ニクノトリコ』

昼に店の前を通りかかると「ギャラリー?」とも思えるデザイン空間。まさか焼肉屋とは思わない。それは店主の稲垣雅晴さんの“今までになかった焼肉屋を”というデザイナーへの発注どおりで、なんと今年ミラノのデザインアワードでは金賞を受賞している。

大テーブルひとつからなる1階席は洞窟内の晩餐のようで、2階に上がるとそこは近未来の森のようだ。個室ではないもののこの2階席こそお食事会に最適で、というのも6つの各テーブルの高低差が違うため、座ってみれば他席の視線が気にならないというトリックがあるから。



チルドで仕入れ40日間熟成されたプライムリブステーキ(400g ¥3,500)

そんな不思議スペースでいただけるのは、肉業界に20年以上携わる稲垣さんが独自ルートで仕入れたスペシャルな肉の数々。コース¥6,000もおすすめだが、最高級のUSプライムビーフのリブアイ400gが¥3,500という破格なので、アラカルトでの肉祭りも盛り上がるだろう。

旨い肉があれば酒も進み、そして幾重にも重なる等高線に囲まれていると平衡感覚がちょっとだけ狂い浮遊している気持ちに…。この共通体験が、お近づきのきっかけだ。



とろけるさくらごはん¥700



アボカドチャンジャ(¥600)も良心価格の絶品!



大人のいちごパフェ(¥600)はカシスリキュールとウィスキーのカナディアンクラブをスポイトから注入していただく



1階席のテーブルは川の流れをイメージしている




巨大な部屋に置く家具も巨大である必要があるため、既製品でははまるものがなくすべてが特注。天井の高さも相当なものだ。“西海岸のエッセンスを取り入れたNYのダイニング”がデザインのイメージ
5対5のお食事会でも店選びに妥協しない!あの人気カフェの隠れ個室でアガる!
『MERCER BRUNCH』

マーサー系列といえば、カフェをはじめ都内に6店舗を展開する女性人気が圧倒的に高いブランドで、昼も夜も女子会(それも美女が多い)を開く客層が多かったりする。

肉イタリアンを提供する六本木の『マーサーブランチ』も同様で、カフェ風の店舗は一見爽やか。それが、実は奥に雰囲気が完全に異なる個室があるのをご存じだろうか?



厚切りパンツェッタのリヨン風サラダは、肉のボリュームが存分にあるご馳走サラダ

バックヤードに続くシルバーの扉を開けると、すぐ右手に秘密部屋への扉が存在する。

中に入ると、そこは大きなシャンデリアとアートのような壁紙が印象的な巨大個室。人通りの多い道に面しガラス張りであるにもかかわらず、外からはまったく見られない特殊加工がされているのも心にくい。



塩でいただく大山鶏モモ肉のレモングリルハーブソテー

食事と飲み放題のコースをひとり¥6,000で提供しているのもありがたく、スパークリングワインは猫脚バスタブ型クーラーに何本も入れられ登場する豪華さだ。

海外セレブ宅のリビングのごときスタイリッシュな部屋の家具はすべて特注品。注目は円形ソファで、効果的に使えば個室だけど2人きりでトークに没頭することも。実力が試される空間とも言えるだろう。



前菜盛り合わせは、ひよこ豆のフムス、チキンのカルパッチョ、生ハムとワインが進むものばかり。自家製クルミパン付き。写真の料理はすべてコースより(¥6,000 個室料込)。赤白ワイン等のフリーフローも含まれる



見慣れた外観だが、右側の黒い部分にこの個室はある。普通に利用しているだけでは、絶対にわからない、まさに隠し部屋


お次は、それぞれ肉と魚がウマい店をご紹介!




超絶にバブリーな空間、そして圧倒的な和牛のクオリティが成功の秘訣
『BEYOND B.B』

お食事会は相手の雰囲気や人数によって個室を探すものだけれど、肉ダイニング『BEYOND B.B』を知っていれば、たいていの会に対応可能だ。4名から最大12名までデザインの異なる5つの個室(室料¥4,000〜¥10,000)を揃え、地下の店とは思えないゆとりの空間使い。

初訪なら、いちおしはマトリックス状に格子のひかれた4〜6名用の個室。足元がガラス張りでアートを飾る中庭的スペースもあり、戸を閉めれば宇宙映画で観た秘密の会合のような雰囲気でもある。



九州地方を中心にA5雌牛の塊肉を提供。最初にグリル板で表面をカリッと焼き、その後30分をかけじわじわと火入れ。塊肉の中心部分は約65度でレアに近いしっとりした舌触りだ。右から内モモ、シンシン、イチボ

そんな空間でいただけるのは、A5雌牛の塊肉をメインとした肉のコース。焼いては休ませを繰り返し仕上げた塊肉は、卓上では肉汁がドリップせず、噛むことで初めて旨みがこぼれ出す。

その肉で大満足したテンションをキープする2次会としておすすめするのは、同店を経営する会社がもつ指紋認証でしか入れない会員制バー。通常はビジターNGなところ、肉を食べた客限定でバーに流れることも可能。

極上肉で景気をつけて、「どこ行くの?」と好奇心を示す女性陣を引き連れ、二次会までバブリーに盛り上がるのが得策だ。



ツナギを一切使用しない黒毛和牛100%のミニバーガーや、奄美黒豚の生ソーセージを含む盛り合わせ



九州地方の名物である茶蕎麦による瓦蕎麦。熱々の蕎麦を麺つゆにつけて食べる



コースでも稀少部位を含めた塊肉を選ぶことができる。写真の料理はすべて¥8,000のコースから。ほか¥6,000と¥10,000のコースも用意し、予約時に人数や好みを伝えてのアレンジも可能(アラカルトもあり)





天井高の圧倒的なキラキラ感!コスパワインがどんどん空に!
『サカナバル THE Grill』

六本木通りからも見えるキラめきに誘われ、一歩足を踏み入れると、吹き抜けのある洗練された空間。

こんなふうに女性達の心を一気に開放的にさせてくれるインテリアは、お食事会の鉄則だ。さらに気分を盛り上げるために欠かせないのがワインとグリル料理。



特筆すべきは、ワインの値段。3,000〜5,000円台と原価ギリギリの高コスパなボトルが充実。

スパークリングは常時9種類が用意されているが、そのうち5本がシャンパンというから驚きだ。もちろん魚介類にぴったりのミネラル感のある白ワインも充実している。



おまかせ鮮魚がたっぷり入った「シーフードグリル盛り合わせ」1人前¥1,700(写真は3人前)。事前にリクエストも可能

「おしゃれな空間で豪快にシーフードの素材の良さを味わってほしい」と店長の鹿島さんが話すとおり、産地から直送された魚介類を使ったメニューはどれもカラフルで具沢山。

素材の良さを活かすため、味付けは最小限にし、グリルで香ばしさを出して提供されている。メニューには、シーフード盛り合わせやアヒージョなどシェアできる料理がそろっているので、一体感もバッチリ。連日、埋まっている日が多いので、早めの予約がおすすめだ。



「めちゃ盛り!!最強アヒージョ」¥950



魚介類に合うワインをラインナップ。左から「シャトー・ド・ロレ クレマン・ド・ロワール・ブリュット」¥5,400 、「スパイヴァレー ソーヴィニヨンブラン」¥4,300 、「ランチ32 ピノノワール」¥4,500