『不安』は脳の使い方で簡単に消し去れる!

写真拡大 (全5枚)

「彼からLINEの返事がない。嫌われたかな」「新しいプロジェクトを任されたけど、できる自信がない」「貯金がない。老後が心配」。多くの人は、つねに不安にフォーカスし、自分はダメだと思いこんでいます。でもそれは、単なる"脳の錯覚"です。不安を成功に変えるコツを、『成功する人は心配性』の著者、脳神経外科医の菅原道仁さんに伺いました。
******
そもそも、「不安」って何?
不安とはなんでしょう。辞書には「気がかりで落ち着かないこと。心配なこと」とあります。脳は負荷がかかることを嫌がります。慣れていないこと、予測できないこと、安心できないことに抵抗する習性がある。それを「不安」という信号で拒否するのです。そしてどんどん「心配性」になっていきます。また、リラックスを感じる脳内物質に「セロトニン」があります。人の気分を大きく左右する神経伝達物質で、これが不足すると不安を感じやすくなります。このセロトニンの量を調節しているのが「セロトニントランスポーター」と呼ばれるたんぱく質で、日本人はこの働きが弱い人が多いというデータがあります。慎重で、心配性な人が多いのはそこにも原因があるのです。しかし、不安は「成功への近道」なのをご存知ですか? 心配性の人は、そうでない人に比べて、いち早く望みを手にすることができる特性を持っています。前編では、その仕組みについて解説していきます。
未来への準備を促すアラーム
医者は心配性でなければ務まりません。患者さんがこの薬を飲んだら副作用がでないか、この治療法が正しいのか、ベストの選択をしているか......。トラブルの芽をすべて摘むには、心配性であることが必要です。なぜなら、心配性の人は「たくさんのリスクが見える」からです。このように、医者の場合は、心配性であることが患者さんの病気を治すことに役立っています。しかし、医者でない皆さんでも心配性であることはむしろメリットです。心配性は「仕事でミスして仕事を失ったらどうしよう」「恋人にフラれたらどうしよう」など「高感度の不安センサー」を持っているという証です。「危険物アリ! 準備せよ!」という、未来(数秒先でも)への準備を促すアラームをキャッチできるのです。それは、とても優れたリスクマネジメント能力なのです。
脳は簡単にダマされる。「気分一致効果」にご注意を

では、不安を成功に変えるにはどうすればいいでしょうか。それは、じつに拍子抜けするほど簡単です。脳をダマせばいいのです。悲しいときに、無理にでも口角を上げると楽しい気分になるといいます。ミラーニューロン効果ともいいますが、口もとが笑っているだけで、脳は「あれ? 楽しいのかな?」と勘違いしてくれます。不安なことがあっても「無理かも......」と思わずに、「経験がないだけだから、やってみないとわからない」「慣れていないだけ」と思えば、脳はそのようにダマされてくれます。脳はそれくらい柔軟性があり、思い込みなど簡単に変えられるのです。

行動に移せない人は●物事をネガティブに極端化する癖●自分なりの常識にこだわる癖●空気を読み過ぎる癖

があるのが特徴です。これらは、根拠のない思いこみ。これまでの経験とうフィルターに通し、勝手にそう決めているだけで、自分が思っていることは事実ではありません。成功する人とそうでない人の違いはたったひとつ。「行動するか否か」です。行動できない人は、失敗する自分を見たくない、負けるという事実を認めたくない、矢面に立ちたくないといった強力なメンタルブロックがあります。そのため、そんな自分を肯定する情報ばかりが脳にインプットされてしまいます。これを「気分一致効果」といいます。