Appleは27日(現地時間)、同社のポータブルオーディオプレイヤー「iPod nano」および「iPod shuffle」の販売を終了しました。ともに公式Webサイトから製品ページが削除され、公式Webストアからもなくなっています。

これにより、現時点では「iPod」シリーズは「iPod touch」のみが販売されており、iPodシリーズを比較するページ(Googleキャッシュ)もなくなっています。

またiPod touchもこれまでは16および32、64、128GBの4モデルが販売されていましたが、32GBと128GBモデルのみになっています。

合わせてこれらの2モデルについては値下げされており、32GBモデルが25,800円から21,800円へ4,000円値下げ、128GBモデルが38,800円から32,800円へ6,000円値下げされています(価格はすべて税抜)。


iPod touchは値下げ

今ではiPhoneなどで非常に業績も好調なAppleですが、これにつながる大元は2001年に発売した初代iPodから続くiPodシリーズの成功だと言っても過言ではないでしょう。

その後、iPodシリーズは「iPod classic」や「iPod mini」、iPod nano、iPod shuffle、iPod touchと販売を拡大していきましたが、逆にiPhoneなどによる音楽機能によって年々需要は減ってきています。

そういった中ですでに初代iPodを引き継ぐiPod classicやiPod miniについては公式に販売を終了していました。iPod nanoとiPod shuffleについては今後に後継機種が出ないとも限りませんが、一旦、販売終了となります。

なお、Business InsiderがAppleにこの件について問い合わせたところによると「iPodのラインアップをシンプルにし、iPod touchのみを販売するようにした」と回答があったということです。


以前のiPodの製品ページ


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・iPod touch - Apple(日本)
・Apple kills off iPod Nano and iPod Shuffle - Business Insider