EntamePlex

写真拡大

7月26日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』が放送された。

同番組は、お笑いコンビ:FUJIWARAの藤本敏史が、万が一明日芸能界から干され、多くのファンや芸人仲間が悲しみに包まれる前に、「フジモンとやり残したくない」10個くらいのことを、ゲストと共に一つ一つ実施していく、とにかくゲストと藤本が楽しむという番組。

今回のMCは、お笑いトリオ・パンサーの向井慧、アシスタントMCをアイドルグループのアイドリング!!!・元メンバーでタレントの酒井瞳が務め、ゲストにはお笑いコンビの博多華丸・大吉の2人が登場。

今回は特別編として、たった1つのリクエスト『フジモンとFUJIWARAの年表が見たい』を叶えることに。

大吉は「FUJIWARAさんって、今ではテレビの人気者、お馴染みですけど、歴史ってあんまり知らないでしょ?なんとなく天然素材だとか、結婚なさってるだとか、断片的な情報があるんですけど、普通芸人って売れたら、そういう番組に呼ばれて、生い立ちとかストーリーとかあるじゃないですか? FUJIWARAさんってああ言う番組に全く呼ばれないじゃないですか」と企画の経緯を話すと、藤本は「全く呼ばれない。歴史ないと思われてるんちゃう?世間が知りたくないっていうのが一番あるよ」と話した。



藤本の「1970年フジモン誕生」では、「姉ちゃん、兄ちゃん、俺の3兄弟。兄貴が48歳で結婚せず、実家にいます。元々不良で、就職する会社全部潰れて挫折してしまって…今バイトしている」と激白。

この話にスタジオは騒然とし、向井は「地上波では絶対掘り下げないところ」とコメントした。

大吉は「奥さんとか知ってるんですか?」と質問すると、藤本は「知ってるけど、兄貴がすごい人見知りだから会わせたくなかったし、全然仲良くなかった。20年くらい話してなかったんだけど、結婚して子ども生まれて、子どものことをすごい可愛がってくれて、それで雪解けした」と家族の裏話を明かした。



大吉は「神戸で生まれて2歳まで神戸にいました。親父が福岡の人で、母親が福島の人なんですが東京で出会って、何かあって神戸で生まれたんですがこの辺の話は親が墓場まで持ってくって言って話してくれないんですよ。多分かけおちだと思うんですけどね」と話し、続けて「ロサンゼルスオリンピックが始まって、親父が会社に行かなくなってしまった。オリンピックが終わっても仕事に行かなくなり、たまに日雇いアルバイトとかはしていた」と幼少期について衝撃エピソードを明かした。

©AbemaTV