新京成電鉄とスタシオン・セルビス、ふなっしーランドは、7月から始動したふなっしー地上降臨5周年と新京成開業70周年のコラボレーション企画の第2弾を実施する。

8月1日から三咲駅をふなっしーで装飾する。休憩スペースには等身大のふなっしーを装飾して、「ふなっしー部屋」として公開するほか、報道関係者向けに実施した「ふなっしートレイン出発式」の写真を背景として、ふなっしーと一緒にステージに立っているような構図で写真が取れるスペースも設ける。駅名の「みさき」の響きが「ふなっしー」に似ているという声があったことから、「っ」と「ー」を入れた「みさっきー」として、駅の看板にイラストを入れた装飾も行う。ふなっしー部屋は9月30日まで、毎日午前6時から午後11時まで公開する。

また8月3日より、ふなっしーが吹き込んだ放送を三咲駅とふなっしートレインの車内で、9月30日までの午前9時から午後5時まで不定期に放送する。コラボグッズも8月1日以降、新京成線駅ナカのセブン-イレブンやふなっしーLANDなどで順次販売する。