12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

文・脇田尚揮

【12星座 女たちの人生】第128話 〜天秤座-11〜

一日の仕事が終わる。

なんだろう、この充実感……。仕事って、こんなに楽しいものだったっけ……?

ロッカールームのドアを開けると、鈴森さんがいた。

「お疲れ様」

『お疲れ様です』

「最近の佐々木さん、輝いてますね」

『え……?』

「私、佐々木さんのこと、カン違いしてました……それじゃあ、また」

鈴森さんから意外な言葉を掛けられて、私は一瞬何が起きたのか分からなかった。

鈴森さんは、私がここで働き始めた時から、私のことを“いけ好かない”と感じていたのだと思う。事あるごとに、チクチク嫌味を言われてきたもの。

確かに、彼女は仕事熱心でいつも丁寧だったわ。だけど、私はそんな彼女を“要領の悪い人”という目で見ていた。

“要領の悪い人”―――

あ。

薫さんも……だ。あの人は、どんなに小さな事でも、丁寧に丁寧に対応する。

これまで彼が私にしてきてくれたことを想う―――。

ショップのHPのこと。トラブルのこと。……私が訊いたことに対して、全て“望むもの以上のこと”を準備し、与えてくれた。

『私……』

彼のそんな優しさに全然気づいていなかった。値踏みしたり、遊び半分でからかったりして……。

―――ひと筋、ふた筋と涙がこぼれ落ちる。

私は、スマートに器用に生きているつもりだったけど、全然カッコ悪い……。

オトコ達に囲まれて、チヤホヤされて、手抜きの仕事をして。頑張る人を疎ましく思って。

“中身”が全然なかった。

一生懸命過ぎると、傍からは“要領が悪い”ように見えるのかもしれない。でも、そういった熱意や意欲こそが人の心を動かすものなのね。

ハンカチで目を押さえる。着替えて、バッグの中からスマホを取り出す。

あれ、裕太からLINEが入ってる……。

「おつかれ、恭子。なんかさ、こないだの飲み会で紹介した薫が、悩んでるみたいなんだけど……。思い当たるフシ、ある?」

―――え。

薫さんが、悩んでる……? 一体、どうして?

考えられるのは、ひとつ。私が原因だ。この前、ウチに来てくれた時のことだ。

よっぽど、イヤだったのかな……。

帰り道、LINEをどう返すかしばらく悩み……。

「お疲れ、裕太。もしかしたら、それ、私が原因かも。良かったら、悪いんだけどもう一回飲み会を開いてもらえない?」

思い切って、裕太に返信する。

これまでの私は、面倒なことを全て避けてきた。でも、そこに向き合わないと、何も解決しないんだ―――。

帰宅して着替え終えた頃、裕太から返信が入っていた。

「そっか……。よくわかんねーけど、了解。薫、ああ見えて繊細なヤツだからさ、ヨロシクな近々で悪いけど、明日って大丈夫?21時に恵比寿とか」

『良かった……』

また、薫さんに会えるんだ。キチンと“あの時”のこと、謝ることができる。

「私は大丈夫。わざわざゴメンね。ヨロシクお願いしますm(_ _)m」

裕太のLINEに返して、お風呂に入る。

シャワーを浴びながら、少し弱気になっている自分に気づく。

何て謝ったら良いんだろう……。

「あの時は、急にキスしてごめんなさい」かな。

それとも「好きです」?

……そんなこと、言えない。私のことを嫌いになっている可能性だってあるんだから。

薫さんのことが分からない。

本当は、直接薫さんに連絡した方が良いのは分かってる。でも、そこまでの勇気はない。

―――シャワーの蛇口を締めた。

雨だ。お風呂上がり、髪をとかしていると雨音が聞こえてきた。

薫さんがお店のウェブを良くしてくれた時も、雨降ってたなぁ……。彼には、“雨のイメージ”がよく似合うと思った。

一滴一滴、柔らかくシトシトと降る雨。たいした力はなさそうに見えるけど、時に激しく降り注ぐ。

雨には強い力がある。どんなに大きな川だって水源は雨だ。降り続けると洪水にもなる。鍾乳洞の岩にだって雨水が落ち続ければ、やがて穴が空くほどだ。

周りから見たら、小さなことをチマチマやっているように見えても、その積み重ねが大きな結果を生む。私にないものを、彼は持っている。

―――その夜は、少し早く眠りについた。雨音を聞きながら。

朝には雨もやんで、空は晴れていた。いつもより目覚めも早く健やかだ。

『今夜9時か……』

ゆっくりベッドから起き上がり、ぬるま湯に口をつけながら静かな時間を過ごす。

こんなに清々しい朝は、いつぶりかな……。

支度を済ませ、家を出る。心の準備は出来ている。

『おはようございます!』

主任の来栖さんに元気よく挨拶する。

「あ、ええ、おはよう……何だか最近、佐々木さん、生き生きしてるわね。何か良い事あったの?」

『ええ……そんな感じです……!』

私は、変わった。薫さんに“気づき”をもらったんだ。

―――仕事が終わった。

今日も接客とネット対応の一日だった。やってみると、意外と楽しい。

昨日のお昼に発送したお客様からも、「迅速丁寧な対応、有難うございます」ってコメントをもらえていたしね。

『今は……20時か』

ロッカールームのドアを閉め、いつもより少しだけ早く歩く。

そう、恵比寿へと―――!

【今回の主役】佐々木恭子 天秤座27歳 アパレル店員センスがよく整った容姿の女性。男に困ったことがなく、広く浅く男性と付き合う、いわゆる“リア充”である。将来の夢は玉の輿に乗ることで、毎週タワーマンションで催される会員制パーティー『ロイヤル・ヴェイル』に参加している。仕事仲間からは陰口を叩かれているようである。

(C) Voyagerix / Shutterstock(C) ngorkapong / Shutterstock