夜が恐い……夜の営みを拒否した妻の苦悩

写真拡大 (全3枚)

産後の体調変化、家事育児の疲労、旦那さんの浮気、不倫、借金、更にはモラハラやDVなどなど。こうした事情からもう旦那さんとの営みは”拒否したい”と思う方が一定数います。しかし、その一方でその願いがかなわない方も多数いらっしゃるようです。

「夜になると襲われる。断れないから夜が恐い…」

今回はそんなママさんたちの悲痛の叫びをご紹介します。

拒むとまるで別人に! 性欲は夫を豹変させた



『早く寝たいと言っているのに寝ている所を襲われ無理矢理。

旦那は酔っていて、なかなか終わらなかったので「疲れてるからゴメン」と言って自分の寝室に戻ろうとしたら、急に暴れ出して壁を蹴ったり殴ったり……

怖くて洗面所に逃げたら裸で追いかけてきて怒鳴られ、殴られそうになり、 洗面所のドアをガンガン蹴って穴をあけた。

一度は自分の部屋に戻ったけど怒りが治まらなかったのか また来て散々怒鳴り、私の隣で寝てる子どもが驚いて起きてしまいました。

子どもも怯えていたから「もう止めて!」と泣きながら言ったら「子どもを盾にしやがって汚いヤツ」と言って、ようやく戻って行った。

本当に怖かった』


『三人目が生まれ育児でヘトヘト。「早く寝たいから」「体調悪いから」、「生理だから」……どんな理由でもダメでした。

先に寝てても絶対起こされます。

夜中に酔って帰ってきて、深夜1時半過ぎていても起こされ……拒否すると怒鳴りながら壁やドアを蹴って暴れ出す。

そんなこともあり、もう恐怖感しか無いです。

一度、小学生の子こどに見られたこともあるのに……それも気になるし、もうアラフォーだし本当にしたくない』


『断れば不機嫌に怒鳴り散らし、「夫婦なのに」「sexは妻の義務」「俺にはお前を自由に抱く権利がある」とか、こんな事しか言わず。

「貴方が嫌になったとかじゃなく、家族意識が強くなったから、兄弟とシテいるみたいで嫌だ」と理由を説明しても、理解しようともしない。キレるだけ。

うちの旦那は時間に自由がきくから、最近昼間も家にいる。

私は夜勤がある仕事してるんだけど、旦那が昼間家にいると絶対に誘ってくる。それが耐えられないから昼間もパートを始めた。

睡眠時間がないから過労でヘトヘト死にそうだけど、ヤるよりかはマシ』


それでもガマンして……壊れていきそうな心と体。

営みを拒否したら、怒ってしまうのでガマンして応じるママさんも非常に多く見受けられました。〕兇錣譴襤断る→キレられる→せ妬なく応じる。→,慳瓩蠡海……。

そしてガマンして応じているうちに心身を崩し、お酒や薬などの力に頼らないといけない身体になってしまった……というママさんも多数いるようです。

『私は本当に本当に心も体も拒否。

ずっと断ってたんだけど毎回何度も営みの話をしてきて余計嫌になった。

無理矢理されて痛すぎて、3ヶ月くらい生理不順になった。その後、1年間 生理が止まったよ。

婦人科も行ってみたけどホルモンバランスも普通だし「なんで痛いのか? 精神的なものとしか思えない」と言われた。

この話は旦那にはしてない。話したらそれを理由に拒否するんだろとか言いそうだし。

相手のこと思いやるより自分の欲求しか頭にないんだな。人として嫌になる』


『胸とか触られるのが嫌で……

自分でおなかとか爪たてて掴んで痛くして感覚麻痺させてる(涙)

傷痕だらけ……

そんなのわたしだけ?』




『拒否したらすごくキレるので、最近されるがままです。レイプされてると思ってる。始まったら、とにかく終わるのを静かに待つ。他のことを考えたり、クッションで自分の顔覆ったり。

拒否して夫婦仲悪くなるの嫌、でもしたくない。なんでわかってくれないのか。わたしのこと好きとかよく言ってくれるのにどうしてやりたくないことをやらせるのか。

よくわかんない。

辛い。

もう嫌だ。この前泣きながら拒否したのに、またすぐしてきた。なんもわかってない。ばかやろう』


夜の営みが夫婦のスキンシップとして大切なのはわかります。

しかし、日頃の信頼関係や思いやりなどが根底にあってからこその営みなのではないのでしょうか?

強要されるセックスは精神的に辛いものです。

夜に怯えるママさんが少しでも減り、安心して過ごせますよう切に願います。

文・編集部 イラスト・さど