花火大会で男性をキュン死にさせるテク5つ 夏の風物詩をカレと楽しもう!/photo by GIRLY DROP

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】夏の大きなイベントといえば花火大会ですよね。浴衣を着て、男性と花火大会デートする人も多いのではないのでしょうか。普段とは違うシチュエーションや距離感で、二人の仲が深まるチャンスでもあります。そこで今回は、そんな花火大会で男性をキュン死にさせるテク5つをご紹介します。

【他の記事を見る】男性が「デート中一回はしたいスキンシップ」5つ

♥こっそり手を繋ぐ


普段は自分から手を繋ぐ勇気が出ない女性でも、花火大会ならこっそり手を繋ぐ事も出来るでしょう。

花火大会には混雑がつきものなので、わざとらしさを出さずに手を繋げる絶好のチャンスなのです。

気分が開放的になっているので、男性もすんなりと女性の手を受け入れてくれるはず。

また、花火大会を利用して手を繋いでくる女性の行動に、男性はキュンとする事間違い無しですよ。

♥肩にもたれかかる


花火を見ている最中に出来るキュン死テクニックとして使えるのは、肩にもたれかかる仕草です。

花火の中盤くらいの良いムードになった頃、さり気なく肩にもたれかかると男性のドキドキはどんどん加速していくはず。

たまに「キレイだね」と男性を上目遣いで見ると、さらに男性をキュンとさせるのに効果的です。

男性はいつの間にか、花火よりもあなたの事が気になって仕方がなくなってしまうでしょう。

♥屋台の食べ物を分けて食べる


花火大会でもう一つの楽しみと言えば、やはり沢山の屋台ではないでしょうか。

屋台ではまず「何食べる?」と楽しそうにはしゃぐ姿で、男性をキュンとさせる事が出来ます。

さらに男性と食べ物を分けて食べる時に「あーんして」と食べさせてあげると、もう一度キュンとしてくれるでしょう。

たこ焼きなど「あーんして」がしやすい食べ物を選ぶのも、屋台でキュンとさせるポイントです。

♥「待って」と小走りで近付く


花火大会デートでは浴衣を着る人が多いですが、その浴衣の特性を活かしたキュン死テクもあります。

それは男性の後ろから「待って」と小走りで近付くテクニック。

浴衣はどうしても歩幅が狭くなってしまうので、いつも通りのペースで歩くと男性に置いて行かれてしまう可能性があるものです。

そんな時に小走りで近付けば、男性は自分を追いかける女性の可愛い姿にキュンとしてしまうでしょう。

♥こっそりと男性を見つめる


花火を見ている時や屋台の食べ物を選んでいる時など、男性が何かに夢中になっている時はこっそりと男性を見つめてみましょう。

普段見られない男性の無邪気な姿を見られて満足出来るはずですし、視線に気付いた男性をキュンとさせることが出来るのです。

目が合ったら「楽しいね」とニコニコ顔を向ければ、男性のドキドキは高まっていくものです。

いかがでしたか?

花火大会はファッションから仕草まで、普段見せられないあなたの魅力をアピール出来るチャンスです。

そんな姿を男性に見せてキュンとさせれば、男性は今までよりあなたの事を好きになってくれるはず。

キュン死テクを駆使して、男性の心を掴む素敵な花火大会デートにしてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】