27日深夜放送の「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)で、元フライデー専属カメラマンの小原玲氏が、芸能スクープの撮影方法を明かした。

番組では、かつて日本中のマスコミがこぞって報道した「ロス疑惑」について取り上げ、当時、小原氏が撮影したスクープ写真も紹介した。容疑者逮捕後には、大きなネタがなくなってしまったため、フライデーの誌面は芸能スキャンダル中心に変わっていったのだという。

小原氏もカメラマンとして、芸能スキャンダルを追うことになったのだとか。華原朋美が「芸能人の方の写真撮るときって、私たち(スキャンダルされる方)から見て、どの辺を注意したらいいとかってあるんですか?」と小原氏に、質問をぶつけた。

小原氏は「バレるようなところでカメラを構えているのはド素人です」とピシャリ。続けて「芸能人になったつもりで探して、そこにはカメラマンはいないです」「そこにあるのはゴミ箱だったり、宅配便のバイクだったり…カメラマンはいないです」と意味深に語る。

小原氏によると、道端にあるゴミ箱や、宅配便のバイクの荷台にカメラが仕掛けられているのだという。カメラでとらえた映像を電波で飛ばして、現場から離れた場所でシャッターを押しているというのだ。

小原氏が「カメラを仕掛けています」「遠隔で撮れるようになっています」と語ると、華原をはじめ、ほかの出演者たちは一斉に驚きの声をあげていた。

【関連記事】
鈴木亜美が辛かったロケを明かす 闘牛に挑戦しカメラマンが逃げ出す
岡村隆史が暴言カメラマンにキレた過去「あいつ、どこのヤツやねん」
元人気子役・間下このみの現在が明らかに 1児の母親でカメラマンとして活躍