今夏に移籍金700万ユーロでウェストハムから、ホッフェンハイムへと加入したハヴァルト・ノルトヴァイト。チームを率いるのは自身とわずか3歳差のユリアン・ナーゲルスマン監督だが、守備のオールラウンダーは賞賛の言葉をおくった。

「彼はいま100%サッカーに集中している。チャンピオンズリーグで飛躍を遂げたいと思っているし、ブンデスでもいいパフォーマンスを見せたいと意欲的だよ。それにとても好感をもてる人物なんだ」

ただナーゲルスマン監督が取り組んでいるトレーニングの内容は複雑なものでもあり、「結構考えながら」取り組んでいるとのことだが、しかし「ただ闇雲に走るほうがつまらないからね」と言葉を続けている。

なおプレミアには、アーセナル時代につづき、ウェストハムは二度目の挑戦となったのだが、「プミレアはスカンジナビアではとても人気があるし、あそこでプレーしたいと思っていたものだからね」と説明。しかし「正直、雰囲気という点ではブンデスの方が上だと思うよ」ともコメント。

歳をとったとき、子供達には「経験した上で話すけど、もしもブンデスでプレーするチャンスがあるならば、そちらを選択するほうをすすめるね」との考えを示した。