フレッシャーズ編集部

写真拡大

社会人になると飲み会に出席することが増えます。接待の席や、社内の歓送迎会など、おごられる機会も多いのではないでしょうか。そのような場合には翌日、必ずお礼のメールを出すようにします。今回は飲み会のお礼メールの書き方についてご紹介します。

■飲み会のお礼メールを送って感謝の言葉を伝えよう

【人間力診断テストまとめ】 自分の社会人力をチェックしてみよう

上司・先輩に飲みに連れていってもらった、取引先から接待を受けた、といった場合には、必ずお礼のメールを出すようにします。社会人になったら、お世話になったことに対する感謝の言葉は必ず相手に伝えるのが基本です。気心の知れた友達同士であれば、言わなくても伝わることがあるかもしれませんが、上司、先輩、取引先の人は友達ではありません。常に人間関係に心配りをするのを忘れないようにしましょう。仕事においても最重要なのは人間関係です。

飲み会のお礼のメールを出すときのポイントは以下です。

●必ず翌日にメールを送信する
●感謝の言葉と共に感想を入れる

まず、飲み会のお礼メールは時間を置いてはいけません。たとえ1日でも経ってしまうと「思い出したように送った感」が強くなってしまいます。ですので、お礼のメールは必ず翌日、できれば朝イチで送信するようにします。早く出すと「昨日の飲み会がとても楽しかった」という印象が相手に伝わり、接待してよかった、連れていってよかったと思われるでしょう。

飲み会のお礼のメールで伝えなければならないのは「感謝の言葉」ですが、それに併せて連れていってもらった店の雰囲気・料理などの感想を忘れず入れるようにします。というのは、あなたを連れていくために相手も店のチョイスに腐心しているからです。特に接待であれば、あなたに喜んでもらおうと工夫して店を選んでいるはず。また、上司、先輩であれば自分の行きつけの店を選ぶなどしているでしょう。お店や料理の感想を書き添えることは、相手の心配りに応えることなのです。

では、お礼メールの例文を見てみましょう。

■例文1 接待に参加した際のお礼メール

============================

subject:会食の御礼
株式会社□□□□□ △△部
〇〇 様

昨日は過分なもてなしを賜り、誠にありがとうございました。

食事も大変おいしく、また○○様のお話をたくさん伺えたことが何よりもよい経験となりました。代金をご負担いただいたことが心苦しい次第ですが、次回はぜひ弊社に持たせていただけたらと存じます。

本来であれば直接お礼を申し上げるべきところを、メールにて失礼かと存じますが、取り急ぎ昨日のお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

今後とも何とぞよろしくお願いいたします。

株式会社△△ □□部
山田太郎

============================

取引先からご招待を受けた接待の場合、支払いは相手が持ちますね。そのことについても触れ、「次回は弊社で」という文言を盛り込みましょう。

■例文2 上司・先輩に飲みに連れていってもらった際のお礼メール

============================

subject:昨日はありがとうございました
〇〇 様

昨日は会食にお誘いいただき、ありがとうございました。また、すっかりごちそうになってしまい誠に申し訳ありませんでした。

料理、お酒ともに吟味されたお店に連れていっていただいて、楽しい時間を過ごすことができました。○○さんはじめ先輩方のお話は参考になることばかりで、大変勉強になりました。またぜひご一緒できればと存じます。

今後とも何とぞよろしくお願いいたします。

株式会社△△ □□部
山田太郎

============================

社内の人であれば、そこまで堅苦しい表現は必要ないかと思われますが年上の人へのお礼のメールですので丁寧な文面を心掛けます。また後輩なので支払いが免除されることが多いでしょうから、そのことについての感謝の気持ちも込めましょう。

飲み会のお礼メールの書き方をご紹介しました。自分が代金を支払わないという飲み会は社会人数年目になってからの方が多いですが、大学生時代の先生に飲みに連れていってもらう、ということもあるでしょう。その場合には、やはりお礼のメールを出しておいた方がいいですね。

(高橋モータース@dcp)