中川翔子

 歌手でタレントの中川翔子(32)が、今年で3年目を迎えるクリスマスディナーショーを大阪と名古屋を加えた、東名阪でおこなう事が決定した。これに対し中川は「大切に一緒に楽しみましょう」とファンへ向けてコメントしている。

 このクリスマスディナーショーが始まったのは、2015年の「中川翔子クリスマスディナーショー2015〜はじめてのア・ラ・モード〜」。そして、2016年にCDデビュー10周年を記念した「CDデビュー10周年メモリアル 中川翔子ディナーショー〜ありがとうのクリスマス〜」と題して開催された。

 これまでに開催されたショーでは、本田美奈子さんのカバー「ジュピター」や、自身が声優を務める『塔の上のラプンツェル』の「輝く未来」など、クリスマスの夜にぴったりのラインアップでファンを魅了してきた。ディナーにもこだわり、中川監修のフルコースディナーを用意し、料理名も自身の猫達の名前を取り入れたスペシャル仕様を提供している。

 今年は、12月21日に東京公演で開催されるディナーショーの他に、12月24日に名古屋・ウェスティンナゴヤキャッスル、12月25日に大阪・リーガロイヤルホテル大阪で開催されることが決定。

 ディナーショーとしては今年で初めての試みとなる、中川のバックバンド“ギザレンジャー”とともにステージに上がる。ライブでは激しいステージを披露している“ギザレンジャー”を引き連れて、ディナーショーのためにアレンジされた楽曲でスペシャルな夜を展開する。

 ディナーショー開催について中川は「憧れだったディナーショー、ついにツアー形式で叶うことになりました。舞台を経験し、歌うことがますます愛おしいです。大人のプレミアムな時間、大切に一緒に楽しみましょう」とコメントしている。

 なお、ディナーショーは12月21日の東京・ザ・プリンス パークタワー東京からスタートする。