藤本、寝違えもなんのその!上位で決勝ラウンドへ(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<ダンロップ・スリクソン福島オープン 2日目◇28日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード・パー72)>

この日ベストスコアの“66”をマークし、前日の17位タイから単独2位にまで順位を上げた藤本佳則。上がり4ホールで4連続バーディを奪うなど派手なゴルフを見せつつ、最も長かったパーパットの距離が1メートルと安定感は抜群だ。
今年も大人気!古閑美保の生観戦ツアー
よほど体調もいいのかと思いきや、なんと首を寝違えた状態だったと言う。「数日前からよくなかったんですけど、昨日いきなり首にきました。とりあえず、大嫌いな鍼治療で何とかしましたけど、正直アドレスするだけでもきついんです」と、衝撃的な発言が…。ラウンド後は素振り用のバットを左右で数回ずつ振るだけに留め、早々とコースを後にしたが、少しでも回復に務めたかったのだろう。
今季はここまで2度の2位を含む4試合でトップテンに入っているものの、優勝までには手が届いていない藤本。「結局、勝つだけの実力がまだないということですよ(笑)」と言うが、比較的表情は明るい。
「昨年は体調も悪かったですし、本当にゴルフの調子がよくなかったんです。それから比べると、今年は調子がいいですね」と言う。その理由の一つがパッティングだ。今年の開幕戦からエースパターに戻したことが大きい。「プロデビューどころか、学生時代から使っているので10年近くなりますかね。構えたときの安定感や打感、フィーリングはやっぱり最高です」。
オデッセイの『ホワイトホット2ボールBlade』はネット販売ではプレミア価格がついている代物だ。にもかかわらず、なぜ昨年はほかのパターを使ったのかは不明だが、とりあえず、元の鞘に収まったことで、気持ちよくプレーしていることは確かなようだ。
文/山西英希
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ダンロップ・スリクソン福島オープン、2日目のリーダーボードをチェック
秋吉翔太 今季ツアー初戦で金星狙う!好調の秘訣は「真っすぐのストローク」
新クラブは試合で試すもの!?手嶋多一がニューアイアンでノーボギーの“66”
ジャンボ尾崎、ゴルファー専用腕時計に「久しぶりに心が躍ったよ」
ジャンボ軍団がクラウドファンディングでプロジェクトを実施中