27日、韓国で26日公開された映画「軍艦島」で日本軍慰安婦オ・マルリョン役を演じた女優イ・ジョンヒョン(37)の「歴史認識」が韓国で波紋を呼んでいる。写真は韓国にある日本軍慰安婦歴史館。

写真拡大

2017年7月27日、韓国で26日公開された映画「軍艦島」で日本軍慰安婦オ・マルリョン役を演じた女優イ・ジョンヒョン(37)の「歴史認識」が韓国で波紋を呼んでいる。

イ・ジョンヒョンは、同作公開に際し韓国経済新聞が行ったインタビューで、「『日本が無条件に悪い』と言っていないので気に入った。実際の歴史をみても、朝鮮人が同じ朝鮮人をだましてもいたので。歴史的事実を軸に映画的ストーリーを加味した点がとても良かった」と、一部「事実に即していない」との批判も受けている「軍艦島」について、その作品としての魅力を語った。

また、自身が演じた慰安婦役について「普通、慰安婦被害者を思い浮かべると悲しいものだが、『軍艦島』のオ・マルリョンはワンダーウーマンのようだ。このキャラクターに私を選んでもらえたことは、とてもうれしくありがたい」と述べた。

さらに終盤、「映画を通してたくさんの方に歴史的事実を認知してもらいたい」と語りインタビューを締めくくったのだが、韓国のネットユーザーからはこれに怒りのコメントが相次いで寄せられた。多くは、「日本が絶対的に悪いわけではなかった」との認識を問題視するもので、「歴史の勉強をしてないのがばればれ」「歴史認識が“終わってる”」「おいおい!日本は無条件に悪いんだよ。それが分からないなら日本に行って暮らせ」「あきれた。同じ朝鮮人をだますしかなくなるような原因をつくったのは日本だ」といったコメントが多数の共感を集めている。

また「ものすごくがっかり」「狂ってる。絶対見ないぞ」「歴史をよく知らないならこんな映画を作るな」と作品に拒否感を示すものや、イ・ジョンヒョンに対し「本当に韓国人?被害者に申し訳ないと思わないの?」「これ以上インタビューは受けない方がいい。ばかっぽく見える」と冷たい指摘も並ぶ。

中には「どこが問題なのか分からない」「これを問題視するのはオーバーだよ」とのコメントもあったが、これに対してはまた別のユーザーから「何も問題ないという人間は歴史認識が足りない」「これに問題を感じない人は全員親日派だ」と対抗するコメントが上がった。(翻訳・編集/吉金)